真帆のこれこれ!

先日大津に行く予定があったので、せっかくだと思い
ずっと行ってみたかった石山寺へ初めて行ってきましたよ!


今回は初めて尽くしの旅!

tabi_20190914-b94088e9c3fd89396bb2f49791dfb2016cc2c8c9.jpeg

大津市内で見かけていた、京阪石山坂本線に初乗車したのです~♪

グリーンの車体がとってもレトロな雰囲気。

民家のすぐそばを走っているのに驚いたのと、
左には瀬田川が見えるので景色も良くてとっても魅力的でした。

さて、とっても楽しみにしていた石山寺へさっそくGO~♪


tabi_20190914-2b512a3de28ebf742aca437f0b8ccd4c41bc8806.jpeg


いやぁあ、でかい!とにかく、でかすぎましたね。

岩(石)が。(笑)

tabi_20190914-2dd802878297c1f9a9146ea3ad2a0f45a24e735a.jpeg


最初見たときには、ここは本当に...お寺?
なんて、自分の目を疑ったほどです。

この、本堂前にある巨大な岩の背後には多宝塔がそびえていて、
なんとも美しい景色でした。。。


tabi_20190914-457f923cae1924b53d8dd639bce37958dac79a2b.jpeg

昔の人は、どえらいところにお寺を建てたもんだなあ~なんて
驚きましたが...


実はこの岩、硅灰石という天然記念物なんですね。
それだけで、なんともご利益がありそう。

tabi_20190914-56a1a4e407f064c4d8ee58830f344be927597f20.jpeg

そのほかにも本堂から眺める木々、岩々など
とても風光明媚。

tabi_20190914-aeb8fbfa570236a14d36e5de9ebe6f028114e458.jpeg

自然から大地から、パワーをもらうことができましたね!

tabi_20190914-360caaac8a75a0ccb2e5aecc9870c6ada869af32.jpeg


ただ境内めちゃくちゃ広いのと、
登山並みに傾斜がきついところもあるので
動きやすい服装と靴で行くことをオススメします!

tabi_20190914-2ff4eb7d074a731014b4c26423c7ee6000684efe.jpeg

tabi_20190914-1c642827940e715fd8fac91df3bdca12294a3234.jpeg

tabi_20190914-4c15fe3e6d6fbd9c91a0abaa220662194031d255.jpeg


西国十三番 東寺 真言宗
大本山 石山寺
入山料600円
開門午前8時~閉門午後4時半

tabi_20190914-2e82775e87d51998bc7238c1726d2367502fa8b5.jpeg

また9月13日(金)、14日(土)には
秋月祭が行われているので、
秋の名月を観に行かれるのもいいのでは?


さて、せっかく石山寺にきたので
東大門の目の前にある『寺前浪漫』の中でも
叶匠寿庵に行ってきました!

tabi_20190914-42567762d1f6e1a5a4d4de64851a6fa5bdedcdc8.jpeg

石山寺名物の石餅とやらに惹かれたのです。。。

tabi_20190914-6c7b48431db4ca0cf725a154a22b219f5b9ac574.jpeg


名物とか限定に弱いまほびん。。。


じゃーん。

tabi_20190914-6a722d79ee8fdcae023a302571a83a55986c24ea.jpeg

白と蓬のふたつのお餅の上に、
石山寺の象徴である岩に見立てた小豆餡がそびえたつようにのっています。

石餅というから、石のように硬いんかと思ってましたが笑、
お餅はとってもやわらかく優しい甘さ。


あんこもたっぷりですが、甘すぎないのでふたつ食べても
重たくないのです~。


お茶もついて300円という安さにも驚きました。

叶匠寿庵 石山寺店
営業時間 10時~16時半まで
定休日 水曜


滋賀の魅力にたっぷり触れた1日なのでした!