今週のうまいもん

番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」をご紹介!

今日は、ふぐです!しかも・・・ふぐの卵巣!

石川県白山市にある吉市醤油店の、ふぐの卵巣糠漬け「ふぐの子 醸し漬け」です。

ふぐの卵巣は、致死性の高い毒素が多いので、法律で食用を禁止されています。

ただ、国の指針の下、石川県条例によって
石川県内の6つの業者にだけ製造・販売が認められている方法があるんです。

それが江戸時代から続く技法で、ふぐの卵巣を二年以上塩漬け、
そして糠漬けすることによって、毒を消失させているんです。

その「ふぐの子」を、さらに美味しく、食べやすく、もっと味を惹き立てるため、
吉市醤油店で作られているのが「ふぐの子 醸し漬け」です。

もとになる「ふぐ卵巣の糠漬け」が、吉市醤油店に届くまでに約3年、
それをさらに長期熟成、天然醤油モロミを主成分に漬け込むこと1年以上。

実に4年もかかっている商品で、「ご当地おつまみグランプリ」最高金賞など、
色々な賞も受賞しています。

味は濃厚で、ごはんと食べたり、酒の肴として重宝されています。

キャビアやトリュフのように、
味のアクセントとして添えたり和えたりできます。

オリーブオイルを5~10倍ほど加えて、少量の塩、こしょう、
お好みでバジルで整えてパスタオイルにしても絶品です。

「ふぐの子 醸し漬け」は、お店のホームページからお取り寄せ出来ます。
「吉市醤油店」で検索してみてください。

30g入りで税込1,100円ですが、
8月15日以後は1,150円になるそうなので、気になる方はお早目に!

tabi_20190713-6bd247cb2d5020014b3e0cfa574ce8479b8f3e4d.jpg

プレゼントをいただきました!

石川県の吉市醤油店さんから「ふぐの子 醸し漬け」を5人にプレゼント!

欲しい!という人は「ふぐの子希望」とハッキリ書いて、
おところ、お名前、電話番号とできれば年齢も書いてご応募ください。

メールは、hagawa@kbs.kyoto
FAXは、075-431-2300
ハガキは、〒602-8588 KBS京都ラジオ
「羽川英樹の土曜は旅気分 うまいもん プレゼント係」まで。

来週の番組内で当選発表しますので、間に合うように送って下さいね。