ラジオカーリポート

今日のラジオカーリポートは下鴨神社から!
境内にある休憩処「さるや」さんへ行ってきました!

こちらでは、140年もの間途絶えてしまっていた葵祭の名物「申餅(さるもち)」が提供されています。
これがその申餅↓

tabi_20190518-fa71f7a8d94d0373602bcbb268e1ab62ea7393e3.jpeg
残されていた文献などを手がかりに一年程かけてやっと再現が実現したんだそうです!

梅干くらいの大きさの可愛らしいお団子ですが、これが結構食べごたえがあるんです。
店主の古田さん曰く、お餅に小豆の煮汁で風味を加えているため、小さくても満足度が高いんだとか!
口に入れた瞬間小豆の香りが広がって、最高〜!
中には豆を潰していない、粒のままの餡が入っていて、豆の食感をしっかりと感じらるので、更に満足度が上がります♡

申餅は縁起の良い小豆を使い、尚かつお餅を小豆の煮汁で「はねず色」という昔は高貴な色とされていた色にするとこで、体を清め、無病息災を願う縁起物となっています。

ここの場所には元々、同じ「さるや」という名前のお茶屋さんがあったそうで、江戸時代のグルメ本「出来斎京土産」にも記されているんですって!

下鴨神社の境内を歩いたあと、こちらの「さるや」さんで申餅を食べたら、あなたもきっと江戸時代にタイムトリップした気持ちになれるはず〜♫

申餅以外にも、今日の様な暑い日には嬉しい丹波小豆を添えたソフトクリームや、小豆粥などいろんなメニューがありますよ♫

申餅は一年通じてお楽しみ頂けますが、来週の葵祭に下鴨神社を訪れた際は、ぜひこの申餅と共に、目で、舌で、葵祭の歴史を感じられては如何でしょうか〜。

tabi_20190518-5676e4ba2cd40931f2db4119d26b7e40d824b4c0.jpeg

余談:

tabi_20190518-c0bb555082851cd2a186d1708cbde56edb1038f4.jpeg

途中立ち寄った高台寺で見たポスター。
アンドロイド...観音?!気になる〜!
残念ながら既に終わっているようでした...涙