今週のうまいもん

番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」を紹介します。

今日は、高知県高知市で豆腐関連商品の製造・販売をされている
「タナカショク」の豆腐ベースのおつまみ「百一珍」です。

社長さんが新幹線でビールを飲んでいたときに、
「つまみに豆腐が欲しいな~」と思ったのがきっかけで、
水切りや薬味が無くても手軽に楽しめる商品として開発されました。

ベースは、高知県四万十町産の大豆「フクユタカ」を
室戸の海洋深層水で仕込んだ、きめ細かい絹ごし豆腐。

そこから門外不出の製法によって、
職人さんがひとつひとつじっくり仕上げています。

醤油ベースの秘伝のタレが醸し出すコクと香り、
深い旨みとチーズのようななめらかな舌触りが特長です。

味は「醤油」「青のり」「ごま」「生姜」「ゆず」「山椒」の6種類。

「おいしい」
「クセになる味」
「お酒に合う」
「こんな豆腐は初めて」
「フォアグラみたい」
と、大好評だそうです。

おつまみの他、お茶漬けやパスタの具材として使うなど、
色んなアレンジで味わってほしいそうです。

「百一珍」は、
醤油、青のり、山椒、生姜、ゆずの5個入りで、4,320円。

高知市のふるさと納税の返礼品にも選ばれています。
電話でお取り寄せできます。

タナカショク 電話は 088-845-2451
朝9時から夕方6時までで、日曜日はお休みです。

ちなみに、燻製おつまみ豆腐の百二珍、燻製豆腐ジャーキーの百二珍もあります!

詳しくは「タナカショク」のホームページをご覧ください。

tabi_20190309-c9d6be51d793ae497ac967f70029c05b28ba204f.jpg