ラジオカーリポート

今日は
高倉錦上ルにある和雑貨のお店『亥之吉』さんにお邪魔しました☆彡

水色の戸が目印の可愛いお店!

image1.jpeg

京都の染めの会社が、今年5月にオープンしたお店で
社内に保管してあった昔の友禅染めの型を、現代のデジタル技術と染色技術で蘇らせ
鮮やかに染めた布地を使っての和雑貨を取り揃えていらっしゃいます。


image1-1.jpeg


リポート内で紹介頂いた 百合の花の柄。
こちらも 現在の技術を使って、今使いやすい色合いに染めているそうです。
バッグ、財布、ポーチ...
仕上げるもののサイズによって、柄の大きさやパターンを変えられるのもデジタルだからこその良さなんだそうです。
着物を普段着としていた時代は、今よりも柄の数も多かった...というのは聞いたことがありますし
当時は日本画家の方が着物のデザインをされることが多かったので
今では中々生まれない斬新なデザインも多かったそうです。
そんな魅力的な柄・デザインが、今も楽しめるって嬉しいですよね( •̤ᴗ•̤ )


image2.jpeg


錦市場の西の端から高倉通を北に上がってすぐ。
プレゼントにも喜ばれそうなアイテムもいっぱいありましたよ~!