ハム工房 古都「ベーコン」と「ソーセージ」

今週のうまいもん!
 番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」を紹介します。

 以前、旅のコーナーで、
 東山の町家カフェ「市川屋珈琲」を紹介しましたが、
 そこのモーニングに使われている「ハム工房 古都」の
 絶品ベーコンです。

  tabi_20160521-6015658179150c5be29de48c4cf15cfdcc35b880.png

●市役所勤務、税理士事務所勤務を経て、
 独学でソーセージ作りを学んだというオーナーさんが
 やっているお店で、平成17年にはドイツフランクフルトで
 行われた食品加工品のコンクールで受賞、

 その後、無添加のソーセージやベーコン、
 ロースハムなどを作っています。

 もともと低添加で作っていたんですが、
 「アレルギーがある孫のために、完全無添加のソーセージを作って欲しい」という
お客さんからの手紙をきっかけに、無添加の商品を製造・販売することに。

●無添加ベーコンは、新鮮な京丹波高原豚のバラ肉を10~15日間じっくり塩漬、
塩・砂糖・香辛料のみで手作りで仕上げていて、
スモークの香りが、ベーコン本来の脂身の旨みを引き出しています。
一ブロック2000円。

●同じく京丹波高原豚を使った無添加プレーンソーセージは、
 一番苦労された商品。
 無添加で作ろうとすると、燻製が上手くいかない、
 肉の旨味が流出して、美味しくない、ボソボソの食感になるため、
 コンクールで受賞した作り方を、いったんリセットして、
 納得のいくものを作るため、
 3年も試行錯誤を繰り返したというこだわりの逸品。

 口の中で旨みと香りが広がるジューシーなソーセージで、
 5本で700円です。

●「ハム工房 古都」の場所は、東山区の五条通りを、
 川端通りから2筋東の通りを北に上がったところ。
 営業時間は、朝9時から夜6時までで、日曜日と祝日が定休日で、
 それ以外にもお休みの場合があります。
 ベーコンは、口コミで人気が広まったのと、
 作るのに2週間ほどかかるため、
 いきなりお店に行ってもない場合があるそうですから、
 まずは電話で問い合わせてみて下さい。
 
 電話075-525-0068  
 ホームページは、「ハム工房 古都」で検索を!