『台湾家庭料理 台北の「排骨飯」』

今週のうまいもん!
番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」を紹介します。

tabi_20160220-760c19a8384863fc914a6dbf7c73191755a02376.jpg

今日は、台湾で定番の駅弁です。

横浜市で、台湾出身のご夫婦が開いているお店、
手作りの台湾家庭料理 台北の「排骨飯(パイクゥファン)」。

台湾の伝統料理なんですが、
日本の新幹線技術で走っている台湾新幹線の中や、
学校などでもメニューに並んでいる定番弁当料理です。

本場台湾では、骨付き豚バラ肉スライスを使用しますが、
日本では製造している業者さんがいないため
こちらのお店では 豚ロース肉を使用しています。

その豚ロース肉をよく叩いて柔らかく処理して、
秘伝スパイスを入れた手作りタレに漬け込みます。

そして台湾から取り寄せた サツマイモの粉を衣にして油であげています。

サツマイモの粉で揚げると、小麦粉や片栗粉とは全く違う、
とっても香ばしい 強い香りがします。

さらに、揚げたお肉を、
台湾醤油や、紅玉ねぎを刻んで油で揚げた油葱酥(ヨウツォンスー)、
そしてスパイスで作った特別なソースで軽く煮て出来上がりです。

香ばしい衣と、薫り高いスパイスのソースがよく合いますよ~

台湾家庭料理 台北の「排骨飯(パイクゥファン)」は、
「楽天市場」や「Yahooショッピング」の台北のサイトからお取り寄せ出来ます。

 一人前、税込864円です。