『京こんぶ千波の「名代 おやじなかせ」』

今週のうまいもん!
番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」を紹介します。


今日は、「錦小路」にある「京こんぶ千波(ちなみ)」の「名代 おやじなかせ」です。  

tabi_20151114-891e4853553967b4601d2d066c77715786ecff55.jpg

かつお昆布に梅肉を加えた創作塩昆布で、酸味がくせになる味です。

かつおと昆布と梅の組み合わせは、ありそうでなかった絶妙の組み合わせ。

旨味を知り尽くした匠の技、「京こんぶ千波(ちなみ)」を代表する創作佃煮です

あたたかいご飯に乗せてもいいですし、ダシ茶漬も絶品です。

ユニークなネーミングの由来は、「親父も泣くほどおいしい」。

そしてもう一つの由来があって、
山椒や松茸を使う伝統的な京昆布を作っていた中で、
当時、若手職人だった今のご当主が、
新しい発想でこの商品を生み出しました。

それを試食した熟練の先代が、あまりの美味しさに
「なんちゅうもんを作ってくれたんや~!」と嘆き悲しんだことから
名付けられたんだそうです。

「おやじなかせ」は、100gカップ入で、税込450円。

錦小路の柳馬場を西に入ったところにある「京こんぶ千波(ちなみ)」のお店でも買えますし、
インターネットでのお取り寄せも可能です。

「おやじなかせ」で検索すると、すぐ出てきます。

電話でのお問い合わせは、075-241-3935(×2)
 
営業時間は、午前9時~夕方6時までです。

そしてプレゼントをいただきました!
「京こんぶ千波(ちなみ)」さんから、
「おやじなかせ」を、10人にプレゼントです!!
今日すぐにお送りしますので、メールとFAXのみの受付で、
エンディングで当選発表します。

欲しい!という人は、
おところ、お名前、電話番号と、出来れば年齢も書いてご応募ください。

メールは、hagawa@kbs.kyoto

FAX、京都 075-431-2300

羽川英樹の土曜は旅気分「おやじなかせ」係まで。

今日のエンディングで当選発表をしますので、
間に合うように送ってください!!