『御生菓子司 ふたばの「パフェ大福」』

今週のうまいもん!
番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」を紹介します。

今日は、大福。
しかも、大福は大福でも、「御生菓子司 ふたば」の「パフェ大福」です!!

京都府の最南端にある精華町は、和菓子・洋菓子のスイーツ激戦区で、
「SEIKA SWEETS TOWN」としてアピールしています。(SEIKA=製菓・精華)
その精華町にあるお店のひとつが、「御生菓子司 ふたば」。
京都に代々受け継がれる技術で作られる伝統的な和菓子、
最中や豆餅、みたらし団子などの定番商品のほか、
注文に応じて、上用饅頭や赤飯、お餅、御茶うけ等も作っています。
一方で、「人とは違うものを作りたい!」
「和菓子にも洋菓子のような華やかさを!」ということで、
積極的に新商品を考案していて、
和菓子屋さんなのに、抹茶のロールケーキまであるんです。

そんな「ふたば」の「パフェ大福」は、
フルーツを生クリームとつぶ餡にあわせ、餅で包みこんだまさに和洋折衷パフェ。

tabi_20151014-567e23ce32cf4610333d3c12caf3f26c04d5094c.jpg

最初に生クリーム大福というものを作ったそうなんですが、
その後も試行錯誤を重ねて、4年ほど前に、
栗、バナナ、ミカンを入れた「パフェ大福」にたどり着いたそうです。
さらに山城地方は、お茶の街としてアピールしていることから、
宇治茶を使った「抹茶パフェ大福」も出来ました。
どちらも、1個税込245円。

「御生菓子司 ふたば」は、精華町にあります。
近鉄京都線「新祝園駅」またはJR学研都市線「祝園駅」から、歩いて5~6分、
精華町役場の南東向かいにあります。
営業時間は、午前9時から午後7時まで。
月曜日が定休日ですが、12日は祝日なので営業していて、14日(水)がお休み。
電話でのお問い合わせは、0774-29-4529まで。

そしてプレゼントをいただきました!

「御生菓子司 ふたば」さんから、
「パフェ大福」と「抹茶パフェ大福」を3個ずつ、
6個セットを3人にプレゼントです!!

欲しい!という人は、
おところ、お名前、電話番号と、出来れば年齢も書いてご応募ください。

なお、当選された方のお名前、ご住所などを「ふたば」さんにお渡しして、
お店から発送して頂く形になりますので、ご了承ください。

メールは、hagawa@kbs.kyoto

FAX、京都 075-431-2300

ハガキは、〒602-8588 KBS京都ラジオ

羽川英樹の土曜は旅気分 パフェ大福係まで。

来週10月17日の番組内で当選発表をしますので、
間に合うように送ってください!