KBS京都ラジオ 毎週曜日
18:00~21:00 ON AIR!!

【vol.187】2021年11月6日(土) OA

第6回放送終了しました。
放送直前、森脇さんから「俺、今からニュース出んねん」との声が。
不祥事なら今から弁護士をつけてサタミに出てもらわないといけないのですが、
出演者、スタッフ一同2スタのテレビモニターの前に集まると

森脇健児 (c)京都新聞

©京都新聞

【タレントの森脇健児さん、西京防火アンバサダーに委嘱】

良い意味で、サタミとは全く違う「ええお顔」
「過去にややこしい"ボヤ騒ぎ"がない、健全なタレントしかなれません」
と渡辺さん。
それでも心は燃えている、くすぶっていたらできない防火アンバサダー!
西京消防署の「熱い」タレントチョイスが伺えます。

委嘱式は思いのほか、お堅い雰囲気の中行われたそうですが、
それでも「燃える」我らが森脇さん。

森脇「お金か名誉かと言われたら、そら、お金ですけどね? ウケたんや~」
「こんな欲にまみれた、僕の心を、誰か消火してください。ウケるんや~」
「ただ、年齢的に僕の下半身は、鎮火中。これは思いっきり引かれた」

渡辺「そら堅い雰囲気で、下半身の「硬い」話、あきませんよ(笑)」

森脇健児と渡辺裕薫


■ハッピーローカル

藤本先生

てぃ域に溢れるハッピーを紹介するこのコーナー。担当の藤本先生は、
ずいぶん頭がすっきりされて。
決して「燃えて」なくなったわけではございません、しっかり散髪されていました。

さてさて、今日のハッピーでローカルなニュースはこちら!
★京都・花灯路 今年度で終了
★まち全体が図書館に。家や店先に本箱を陳列
★ふるさとの川にサケ帰る。由良川水系の牧川で今季第一号捕獲
★世界最大級の3Dプリンター、京都の会社が開発

森脇さんが、自称「くすぶっていた時期」に全10日期間の中、
11日間見に行っていた京都の花灯路。

森脇「なんで10日期間中11日見に行ってたかわかる?ふじもっちゃん」
藤本「わかりません」
森脇「(わかりますって!)」
藤本「...」
森脇「わかってんねやろ?」
藤本「試験点灯」
森脇「いいなや!」

先に言っても、知らんふりしても怒られる、取り扱いご注意の"花灯路試験点灯事件"ですが、今年度で見納めということで、皆さんも"11日間"足を運んでみてはいかがでしょうか!


■ナベプロ:一夜干ばるたんさん

今夜は6期連続出場、あたたかい歌声で聴く人の心を包み込む、望郷シンガーソングライターの、一夜干ばるたんさん。

ナベプロ:一夜干ばるたんさん

コロナ禍で、一時北海道に帰省中だったばるたんさん。京都に来たのは大学時代だったそうで。
森脇「何きっかけで京都の大学に?」
ばるたん「高校時代演劇部に所属してて、学生演劇が盛んだったので、それで」
森脇「初めて聞いたわ!そんな、役者っぽくないやん(笑)」

いやいや、ばるたんさんは渋い声と男の雰囲気溢れる道産子ですよ。そうですね、例えるなら、すりガラス越しの浅野忠信さん、に見えなくもないような...。渋い良い男だということが伝わればそれでいいんです。

本番前、KBS4Fのロビーで姫のともみちゃんと談笑している所を森脇さんに目撃されたそうで。
森脇「さっき姫と、ニチャニチャニチャニチャ、マスク越しに。何喋っててん」
ばるたん「出身どこですか、とか」
森脇「何の話やねん、話広がったんかいな」
ばるたん「まぁ広がらなかったですね(笑)」

ナベプロ:一夜干ばるたんさん

女性に口下手な、ばるたんさん。そんな不器用ようなところもまたいいじゃない!という方に、ばるたんさんのライブ情報です。
11/19(金)京都COFFEEHOUSE 拾得 にてワンマンライブ、があります。
ぜひ生で、ばるたんさんの渋い歌声と、ニチャニチャした笑顔をご堪能下さい!


■シンガーソングティーチャーのそれが答えだ!

大野先生

今日はなにやら険しい顔つきの大野先生。
先生たちの厳しい言葉が、暴言・パワハラなどになってしまうと、怒られたことがない子供たちが大人になった時、そっちの方が大変じゃないかとのこと。

先生が「叱った」のか「怒った」のかでも意味は少し変わってくるかなとは思うのですが、怒られないことはないくらい厳しいのが世の中、というのもまた事実で。
個人的に、相手が「怒り」という感情を使ってわざわざ自分に訴えかけてくれている、と捉えられるかどうかが大事かなと思う、ADおおくまです。
自分の感情を相手に"おすそ分け"するのが、つまるところ「愛情」という気もして...結局は愛ですね!


■恋愛教習所「ともみ」ちゃん(31歳)

恋愛教習所「ともみ」ちゃん(31歳)

そんな熱い愛情あふれるこのコーナー。
今日はともみちゃんに恋愛戦士たちが「燃えるような」アプローチをゴン攻め!

伏見区のお祭りオヤジの、桃山南口で飲んだくれデートプラン!
ミツオの、大相撲九州場所プラン!
ヨシオの、静岡県下田市・白浜海岸で熱い愛を語る、どっかにそう書いてあったプラン!
でも今回はなんといってもマコモさんだったのではないでしょうか。

マコモ「ともみちゃん、目を閉じて。Don't think feel. ...僕は、ちくわソーセージおでんが好きなんだな!ハハハハハハっ!」

森脇健児と渡辺裕薫、恋愛教習所「ともみ」ちゃん(31歳)

目を閉じて感じる、ちくわに入ったソーセージ...僕はこれ以上は言いません、あとは皆さんの想像にお任せします。


■最後に。
例によって次回からまた新たな姫がやってきます。相変わらずな恋愛戦士たちですが、ワンパターン、裏を返せば初志貫徹とも言えますね。戦士たちの、姫に対する情熱と下半身は、まだまだ「鎮火」できないのではないでしょうか。もうええっちゅうねん。次回もお楽しみに!

ADおおくま

番組について

ナイターオフの京都で話題沸騰のサタミが、今シーズンを爽快に走り抜けます。森脇健児を中心に、個性派の面々が番組に大集合。ともに笑い、ともに悩み、ともに汗して、ともに感動する…。サタミならではの勇往邁進、抱腹絶倒の展開が、リスナーを待ち受けています。さてこの秋冬は、どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。

旧番組ページはこちら

出演者

森脇健児 (もりわき・けんじ)

森谷威夫

半年間を全力疾走で駆け抜ける番組のメインパーソナリティー。即興ポエムにも切れが加わり、さらにパワーアップ!

渡辺裕薫 (わたなべ・ひろしげ)

渡辺裕薫

ご存知サタデーミーティングの名参謀!なべちゃんの絶妙な一言に、魅了されているファンも多い。森脇健児のトークフォローをしているように見せかけて、行くところまで行かせているターボエンジンのような人。

大野実 (おおの・みのる)

大野実

シンガーソングティーチャー「みのみの」の愛称で親しまれる。

番組へのメッセージ

番組へのメッセージは「番組メッセージフォーム」からお送りください。「moriwaki@kbs.kyoto」でも受け付けています。皆さまからのメッセージをお待ちしております。