さらピン!キョウト

KBS京都ラジオ 毎週月~木曜日
14:00~17:00 ON AIR!!

さらピン!今日のお客様はDADAジャーナル 杉原正樹さん

10月19日

今日のお客様~さらピン!ゲスト~のコーナー

話題のゲストをお招きしてのトークコーナーです。

スタジオでお顔を拝見しながらお話しいただくのは半年ぶりではないでしょうか~お久しぶりです!

DADA ジャーナル 編集人の杉原正樹さんです。
sara_20201019-fa55119230db611ab9986cb309a1fc03d4636968.jpg

滋賀県内に語り継がれる「妖怪」を探求し続ける
「教授」こと、杉原さんです。

今日ご紹介いただいた妖怪は。。。「顔は猫で身体は蛇のミズチ」

ミズチは漢字で「蛟」と書き、広辞苑にも出ています。
ミは水、ツは助詞、チは霊で、水の霊の意。
蛇に似て、四脚を持ち、毒気を吐いて人を害する、とあります。

『水木しげるの妖怪文庫2』にも
龍と同じく角と赤いヒゲがあり、腰以下の鱗がみな逆に生えて、
燕の子を喰うと気を吐いて蜃気楼をつくる。と記されています。

このミズチが淡海にいたと記されているのを見つけた杉原さん。

宇野宗佑著の『中仙道守山宿』に
1700年代の学者が記したものに村人から聞いた話として載っていると。
この猫面蛇身がミズチに違いないと学者宇野醴泉が推理している。

記録されている淡海の妖怪であるのに、忘れられた妖怪。
杉原さんの興味はどんどん膨らんでいきます。

猫顔のミズチが空を飛んで、燕たべて、毒吐いて、蜃気楼みせてる・・・
こんな個性的な妖怪!
また新たに淡海の妖怪をみつけて
すごく喜んでいる杉原さんです。

実はもうひとつ見つけたそうですよ~
収穫多き2020年夏!
こちらは、次回にお話いただくことにして。。。
11月の杉原さんご登場をお楽しみに~~

そして杉原さんからのお知らせもありました。
「近江・湖東ゴーストハンティング」という小冊子ができました。
sara_20201020-ef4aec956527505993a624f21a5ebb6b8a644176.jpg
彦根市、犬上郡、東近江市辺りの妖怪を20程ピックアップし、
まとめたオシャレな小冊子です。
番組で杉原さんが紹介した淡海の妖怪も登場していますね。

彦根市の観光協会や観光課、観光施設に置いてます。
無料です!

妖怪好きの方、杉原ファンの皆さんも
是非ご覧くださいね。

杉原さんの発行されている 
DADA Journal は
毎月第4日曜日に読売新聞朝刊に折り込まれる
湖北・湖東地域限定のフリーペーパーです。
地域の情報が丁寧に取材され発信されています。


杉原さんには、これからもいろいろな情報を教えていただきたいと思います。
お楽しみに~~~♪

Twitter

番組の話題は、ハッシュタグ「#サラピン」を付けてツイート!!

番組について

京都を舞台に各分野で活躍する人を招いて、変わり続ける京都の「今」を届けます。また豊かな自然と琵琶湖を抱く滋賀の「今」もお届けします。話を聞きながら番組を進行するアンカーマンは、KBS京都アナウンサーの梶原誠と森谷威夫。そして竹内弘一。ご登場いただく各曜日のさらピン!パートナーとともに、知っている京都、もっと知りたい京都 ~さらに逸品~、~更に新しい~、~ピンと来たこと~、~次世代に繋ぐ新しいモノ~ などをテーマに展開していきます。

アンカーマン

森谷 威夫

森谷威夫

月・水曜日担当

竹内 弘一

竹内弘一

火曜日担当

梶原 誠

梶原誠

木曜日担当

パートナー

月曜日パートナー

大学関係者

月曜日は京都・滋賀の大学からの教授、講師陣が週替わり出演。お招きしたパートナーのプロフィールなどは【さらピン!パートナー】からご覧ください。

佐合井 マリ子

佐合井マリ子

シンガーソングライター
水曜日パートナー

3歳からピアノを習い始め、音楽に触れながら育ち、2005年にシンガー・ソングライターとして活動を開始。関西のライヴ・ハウスを中心にライヴを展開。同年6月に1stミニ・アルバム『うたのれんしゅう』を発表。日常の風景をシンプルかつナチュラルに歌いあげ、高い評価を得る。数々のミュージシャンをはじめ、陶芸家、落語家、劇団など多岐に渡るアーティストとも共演。地元「滋賀」をこよなく愛する元気印のシンガーソングライターとして活躍中。滋賀が誇るご当地グルメ「サラダパン」を製造する「つるやパン」の「つるやパン大使」に任命。2014年より滋賀県草津市のPR大使「KUSATSU BOOSTERS」としても活動中。

鵜飼 秀徳

鵜飼秀徳

フリージャーナリスト、僧侶
木曜日パートナー

1974年京都市右京区生まれ。成城大学卒業後、新聞記者、 雑誌編集者を経て、2018年に独立。現在、正覚寺(右京区嵯峨)住職を務める傍ら、 「宗教と社会」をテーマに取材、執筆を続ける。著書に『寺院消滅』(日経BP社、2015年)『仏教抹殺』(2018年、文春新書) 『ビジネスに活かす教養としての仏教』(2019年、PHP研究所)、『仏具とノーベル賞 京都・島津製作所創業伝』(2020年、朝日新聞出版)。 最新刊に『お寺の日本地図 名刹古刹でめぐる47都道府県』(2021年、文春新書)。一般社団法人良いお寺研究会代表理事、公益財団法人全日本仏教会広報委員、東京農業大学・佛教大学非常勤講師など。京都新聞、プレジデントオンライン、Yahoo!(オーサー)などの媒体で連載中。

番組へのメッセージ

番組へのメッセージは「番組メッセージフォーム」からお送りください。「sara@kbs.kyoto」でも受け付けています。皆さまからのメッセージをお待ちしております。