Qyotoのはんなりタイム

KBS京都ラジオ 毎週曜日
22:30~23:00 ON AIR!!

【11/26】みなさんこんばんは!!ギターのTSUCHIYAです。

【11/26】みなさんこんばんは!!ギターのTSUCHIYAです。:画像
先週に引き続き中園さん代行させていただきました。 もう僕の声も聴き慣れたのでは??(笑) 今回のQyoテーマでは、「欲しかったけど手に入れられなかったもの」でした。 みなさんはクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントでどうしても買ってもらえなかった、手に入れられなかったお目当てのものを覚えていますか?

【11/5】「こんばんは!!中園です。」

【11/5】「こんばんは!!中園です。」:画像
11月に入りましたね。 外は寒いし、秋花粉で鼻がむずむずしますが凄く元気です。 僕の周りにはあまり秋花粉の人が少ないけど、 あまりいないのかな?春の方が多いイメージです。 今回はメンバーの好きなボーカリストについて聞いてみました。 個人的にはつっちーが意外でしたね。 てっきり桑田佳祐さんが出てくるの

【10/29】「みなさんこんばんは!!」

【10/29】「みなさんこんばんは!!」:画像
今週のはんなりタイムはいかがでしたか? Qyoテーマでは、"心に残るライブ演出"ということで、 僕は毎度おなじみ桑田佳祐さんのソロライブの演出の魅力について語らせていただきました。 昨今、ライブがなかなか開催できないなか配信などに力を入れ、画面越しで迫力のあるライブパフォーマンスをされているアーティ

【10/8】こんばんは!!中園です。

【10/8】こんばんは!!中園です。:画像
10月に入りましたね! 時間の流れが早すぎて、まだ秋になった実感がないです。 今回はメンバーの学生時代についてお話ししました。 メンバーと出会ったのは、僕が18歳〜19歳の時で、あまり学生時代の話とか聞いたことがなかったのですごく新鮮でした。 ただやっぱりみんな音楽ですね!! メンバーがすでに音楽を

【9/17】こんばんはー!TAKUYAですー!

【9/17】こんばんはー!TAKUYAですー!:画像
ということで、2週続けてリモート収録でしたが... リモートはリモートでお家感が出てていいのではないでしょうか!笑 聴いていただいた方は分かるかと思いますが、 今回はアニメ、漫画、映画における「フラグ」というものに触れてみました! 伝わりましたかね?? 「最強味方フラグ」って勝手にネーミングしました

【9/10】お久しぶり!中園です。

【9/10】お久しぶり!中園です。:画像
今日は復活の回でした! 前回、前々回と、お休みして本当に申し訳なかったです。 しっかりと回復したのでまた今日から元気に頑張っていきます! さて、今回の放送では休養中に僕が観ていたアニメを紹介させてもらいました。 『オッドタクシー』みなさんは知ってたかな? 見た目や好き嫌いで物事は判断すべきではないな

【9/3】みなさんどうも!TAKUYAです!

【9/3】みなさんどうも!TAKUYAです!:画像
ということで、今週のラジオも聴いていただけましたか?? 今週も珍しい3人でお送りしましたが、 2週とも音楽的な内容をお送り出来たかなと... リハーサル中の会話の内容に近い雰囲気で喋れたんじゃないかなと思います! 普段のリハーサル中の会話ってよくよく考えると、 結構謎の空間だなと思うんですよね。 趣

Twitter

番組の話題は、ハッシュタグ「#Qyoタイム」を付けてツイート!!

番組について

若者の街・京都に芽吹き、全国にフィールドをひろげて活動するバンドがその躍動するエネルギーと独自の音楽観を地元のラジオから放ちます。京都でのエピソードやプライベートな話題など親しみあふれるトークと、自らの楽曲や音楽へのパッションで紡ぐ30分。「Qyoto」の魅力とともに、音楽文化と若いエネルギーが脈打つ京都のスピリッツにもふれる、感じる音楽バラエティです。

出演者

Qyoto (キョウト)

中園勇樹

中園勇樹(Vo)

HIROKI

HIROKI(Vn)

TSUCHIYA

TSUCHIYA(Gt)

TAKUYA

TAKUYA(Ba)

KENSUKE

KENSUKE(Dr)

RYOTA.

RYOTA.(Key,Sax)

中園勇樹(Vo)、HIROKI(Vn)、TSUCHIYA(Gt)、TAKUYA(Ba)、KENSUKE(Dr)、RYOTA.(Key,Sax)の6人からなる京都出身のバンド。京都の大学生、中園勇樹・HIROKIを中心に2016年結成。ボーカル中園の豊かな感情表現・質の高いバンドサウンドが注目を集め、2017年8月にシングル「太陽もひとりぼっち」でメジャーデビュー。

番組へのメッセージ

番組へのメッセージは「番組メッセージフォーム」からお送りください。「qyoto@kbs.kyoto」でも受け付けています。皆さまからのメッセージをお待ちしております。