KBS京都ラジオ 毎週曜日
朝 7:00~7:15 ON AIR!!

5/16のテーマは...会社の倒産、破産手続きについて

▼5月16日のテーマは、会社の倒産・破産についてのお話でした。
 借り入れをして延命を図れるうちは良いのですが、廃業をお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

▼会社をキレイにたたむには前向きな決断と周到な準備が必要です。
 事業譲渡の場合、事業に価値があることが前提になります。
 従業員を引き継ぐかどうかは契約次第です。
 通常は一旦全員解雇をして、新会社で新たに採用して雇用契約を結ぶことが多いようです。
 なお事業譲渡の前提として、負債が大きい場合は、民事再生などの申し立てをして
 債務を圧縮してから事業譲渡するという枠組みもあります。
 その場合は、あらかじめスポンサー(譲渡先)が決まっていることが前提となります。

▼代表者の方が保証している場合は、代表者も破産することになります。
 早い目に決断をした方が良い場合もありますので、ぜひ現在悩んでいらっしゃる方は
 お早めに弁護士事務所へご相談頂ければと思います。

▼弁護士事務所へ相談した場合・・・
・まず、トラブルのない確実な手続きができます。
・2番目に債権者の支払いをストップできます。
・3番目に債権者や従業員などとの交渉を任せられます。
・4番目に難しい書類の作成、裁判所での手続きも弁護士に任せられます。
お悩み事の解決は、専門家への相談がベストです。

▼会社の破産、精算手続きの前に絶対にやってはいけないこととは?
・一部の債権者だけにお金を渡すこと。
・会社のお金、財産などを隠す。破産手続きの前にいわゆる「財産隠し」をしてしまうと破産の手続きができなくなります。
・資金がつきるまで事業を継続すること。
・会社を存続させるために親戚などからお金を借りるなどもNGです。

▼経験豊富な弁護士に相談、依頼をして、前向きに正しく手続きを進めていく。
 それがキレイに会社をたたむポイントといえます。

▼会社の破産、精算手続きについてご相談してみたい方はぜひ【みお綜合法律事務所】にお電話を。
 ご相談には予約が必要です。
 ご予約の専用ダイヤル:フリーダイヤル0120-7867-30【なやむな・みお】まで。

▼さらに【弁護士法人みお 京都駅前事務所】ではB型肝炎給付金説明会を開催中です。
 ≪5月の説明会≫ 5月23日(土)午前10時~
 ※個別での対応での相談会となりますので、詳しくはお電話を。
 京都駅前事務所は京都駅から徒歩2分、ヨドバシカメラ向かいの京阪京都ビルの4階にあります。 


番組について

私たちにとって身近な、お金にまつわる色々な法律問題についての解決方法を「みお綜合法律事務所」の弁護士・澤田有紀先生にお伺いする“法律相談番組”です。

出演者

澤田有紀 (さわだ・あき)

澤田有紀

兵庫県西宮市出身 大阪大学文学部英文科卒
趣味・特技 / エレクトーン演奏、ゴルフ
弁護士(主婦弁) 大阪弁護士会所属
弁護士法人みお綜合法律事務所代表

OL、エレクトーン奏者などを経て主婦に。阪神淡路大震災をきっかけに「社会の役に立つ仕事をしたい」と一念発起して司法試験の勉強を始め、平成9年司法試験に受験1回目で合格。個人及び法人の債務問題,相続・離婚などの個人の法律問題を中心に取り扱っている。

専業主婦から弁護士になった経緯については「人生を変える!3分割勉強法」(祥伝社)をご覧ください。

森谷威夫 (もりたに・たけお)

森谷威夫

KBS京都アナウンサー。ニュースからスポーツ実況、バラエティまでマルチにこなす実力派。

リンク

弁護士法人みお綜合法律事務所

番組へのメッセージ

番組へのメッセージは「番組メッセージフォーム」からお送りください。「mio@kbs.kyoto」でも受け付けています。皆さまからのメッセージをお待ちしております。