KBS京都ラジオ 毎週曜日
朝 7:00~7:15 ON AIR!!

3/7のテーマは...遺言を作りましょう。

▼3/7のテーマは、「遺言をつくりましょう」というテーマのお話でした。

▼相続に関する事案をご紹介
→【事例】
 夫が85歳で死亡しており、残された妻は82歳でこどもはいないので、そのうち遺言書を作ろうという間に
 夫が風邪をこじらせて体調不良となり、あっという間にお亡くなりになりました。
 財産としては1500万円相当の自宅や銀行預金2000万円があり、銀行で夫が死亡したと伝えたら
 口座が凍結され、相続人全員の実印を押した相続手続き届け出書を提出しないとお金が出せないと言われました。
 夫は4人兄弟の末っ子で、兄弟はみんな死亡しており、甥や姪が相続人となるので全員のハンコが必要となり、
 奥さんにしても生前、全く交流もなく夫の兄のこどもとか、その存在も知らない状態に途方に暮れて
 奥さんの甥とともにご相談にこられました。

→【解決法】
 まずは相続調査を行なった結果、戸籍の収集からその数40通もあり、6人の相続人が判明しました。
 妻の相続分は4分の3です。家を相続するとなると貯金は1125万円しか権利がない状態。
 そこで6人の相続人にお手紙を出して「生活費を切り詰めて老後の生活費のために貯めたお金なので
 権利を放棄して欲しい」とお願いすると、全員の方が了承されたそうです。
 お礼として一人10万円ずつ払われました。もちろん弁護士費用もかかります。
 また手続きには半年以上かかりました。
 遺言があればこんなことをしなくてもよかったのにという典型的な事案です。

▼こどものいないご夫婦の場合、ぜひ遺言を。
 公正証書にしておけば、銀行でもすぐに手続きに応じてもらえるようになりました。

▼「相続」のこと、「遺言」のこと、など...悩んでいらっしゃる方は、まずは
 【みお綜合法律事務所】にお電話を。ご相談には予約が必要です。
 ご予約の専用ダイヤルは...フリーダイヤル0120・7867・30(×2)まで。
 詳しくはインターネット「みお法律」で検索を。


番組について

私たちにとって身近な、お金にまつわる色々な法律問題についての解決方法を「みお綜合法律事務所」の弁護士・澤田有紀先生にお伺いする“法律相談番組”です。

出演者

澤田有紀 (さわだ・あき)

澤田有紀

兵庫県西宮市出身 大阪大学文学部英文科卒
趣味・特技 / エレクトーン演奏、ゴルフ
弁護士(主婦弁) 大阪弁護士会所属
弁護士法人みお綜合法律事務所代表

OL、エレクトーン奏者などを経て主婦に。阪神淡路大震災をきっかけに「社会の役に立つ仕事をしたい」と一念発起して司法試験の勉強を始め、平成9年司法試験に受験1回目で合格。個人及び法人の債務問題,相続・離婚などの個人の法律問題を中心に取り扱っている。

専業主婦から弁護士になった経緯については「人生を変える!3分割勉強法」(祥伝社)をご覧ください。

森谷威夫 (もりたに・たけお)

森谷威夫

KBS京都アナウンサー。ニュースからスポーツ実況、バラエティまでマルチにこなす実力派。

リンク

弁護士法人みお綜合法律事務所

番組へのメッセージ

番組へのメッセージは「番組メッセージフォーム」からお送りください。「mio@kbs.kyoto」でも受け付けています。皆さまからのメッセージをお待ちしております。