遠藤奈美
【Nami Endo】
KBSアナウンサー
2006年入社
プロフィール

12月に紹介した作品は・・・

『フューリー』

2014/12/05

『プラトーン』『プライベート・ライアン』『戦場のピアニスト』に続く
ブラッド・ピット主演10年に一度とも言われている戦争映画。

ナチスドイツを相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追っています。
ブラッド・ピットはもちろんですが、『トランスフォーマー』シリーズの
シャイア・ラブーフや、『ウォールフラワー』などのローガン・ラーマン
すごく良かったです!!

メインキャスト5人にブートキャンプを実施し、訓練を行ったとということで
もともとタフな皆さんだと思いますが、6日間かなりハードで
体の節々が痛くなるくらいに疲れさせたようです。

わたしは普段から戦争映画は観るようにしていますが、
善悪を描いた涙を誘うような従来の戦争映画とは異なる
様々なことを考えさせられるような作品でした。

お話を伺ったのは日宣の藤本かなえさんでした☆

週刊シネマMAX

ありがとうございました。


『嗤う分身』


2014/12/12

ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を
ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。

内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。

ジェシー・アイゼンバーグが今回ひとり二役を見事に演じきっています。
役のサイモンはジェシーそのものだなぁとも感じました!
あと早口の役が本当に多いですよね。笑

にしてもシュールな近未来的世界で、
なんだか悪夢がずっと続いているような映画でした・・・

わたしはこの映画に出てくる音にノイローゼになりそうでした^^;。
電車の音、機械の音、テレビの音など…いらいらさせるのがうまいです。

そして、もうひとつ気になるのが
劇中に流れる挿入歌がなぜか日本の歌謡曲なんです!
これはなんだかマッチしていて観ていて不思議と居心地が良かったです。
不思議・・・

お話を伺ったのは、京都シネマの谷口さんでした☆
ありがとうございました。


『ゴーンガール』


2014/12/19

久しぶりに忘れられない映画を見た気がします!!!!

結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描いているんですが、
なんと“事件"の真相は映画の中盤あたりで早くも明らかになるんです。
びっくりしながら映画を見続けると・・・
前半のサスペンス映画から一転、なんと趣がスリラー映画に
変わっていくんですよね。

監督は『ソーシャル・ネットワーク』などの鬼才デヴィッド・フィンチャー。主演はオスカー受賞作『アルゴ』など監督業でも活躍するベン・アフレック、妻役には『アウトロー』などのロザムンド・パイクが扮していて
すごい演技を見せてくれます。

149分という比較的長めの作品なんですが、
ハラハラ、ドキドキ、スリリングの連続で、
緊張感あるストーリーに最後まで引き込まれ、
スクリーンから全く目が離せません!!!

お話を伺ったのは20世紀フォックス映画の岡本さんでした☆

週刊シネマMAX

ありがとうございました!


『2014年の振り返り!』


2014/12/26

今週は映画ライターの田辺ユウキさんにお越しいただき
2014年に公開された作品や映画の流れを振り返ってみました☆

週刊シネマMAX

遠藤の2014年の映画TOP3は・・・

第3位 ゴーンガール

第2位 スノーピアサー

第1位 少女は自転車に乗って

になりました☆
最近好きな映画のタッチがやっぱり変わってきたかも・・・
と振り返ってみると感じます。

みなさんの2014年心に残った映画は何でしたか?