KBS京都ラジオ 毎週月~木曜日
10:00~14:00 ON AIR!!

7月19日 ラジオカーリポート

今日は、下京区・松原京極商店街の中にある
『カフェギャラリーときじく』からラジオカーリポートをお届け!!

『カフェギャラリーときじく』は、
松原京極商店街でコミュニティの中心地を目指し、2012年にオープンされました。
店内は、近隣で活躍する作家さんたちのギャラリーを兼ねており、
友禅雑貨、絵本、絵画など、折々の展示を楽しみながら、
カフェではオリジナルブレンドのコーヒーや、名物のカレーがいただける場所になっています。
また、代表の守田さんも布製品の製作も行っているみたい!
作家さんを講師として招き、手作り体験教室やイベントも開催されています。


~近々開催されるイベントのご案内~

【マンスリーイラスト教室】
絵本作家・イラストレーターのうえだいずみ氏によるイラスト教室。
下絵に色をつけていくので初心者でも塗り絵感覚で作品を仕上げることができる。
2021年7月30日(金)17時半〜19時半1900円(材料費込) 
※要予約 毎月第4金曜開催

【ジャズピアノのゆうべ】
ピアニスト池田一平氏によるピアノソロ。スタンダードからオリジナルまで、
バラエティに富んだ演奏を披露。池田氏オススメのワインや氏による料理も。
2021年8月7日(土)19時より 1000円(ワンドリンク付き)
※時短要請により21時まで 毎月第1土曜 


また、現在、応援購入サイト「Makuake」で
『ときじく』さんの新作が公開されているそうで、
京都に息づく伝統を、現代の生活にも取り入れたいという思いから、
「伝統柄オリジナル生地」シリーズと題して、「古典柄を日常に」がテーマにしているそうです。
第一弾で発表した「流水」は、目標金額を達成し、人気商品なんだとか。
第二弾「雪輪」も、前回同様、友禅作家デザインのオリジナル生地による雑貨製作で、
「雪輪」とは、文様は雪の結晶を図案化したもの。
雪は春になると動植物を育む雪解け水となり、雪は五穀の精と呼ばれており、
雪輪文様は豊さを表す文様として、着物や帯などに使われてきました
その雪輪を現代風に図案化し、綿ツイルの生地に。

また、日常使いできるように、今回はバッグだけでなくインテリア雑貨にも挑戦。
お客さんのリクエストが商品に反映されることもあるんだとか。

またこのプロジェクトには、守田さんのお父さん(友禅職人)も関わっているそうで、
守田さんがお父さまの技術とデザイン力を残したくて始めたそうです。

呉服業界はバブルの弾けた後低迷となり、
お父さまはリタイア後、「ときじく」が縫製するバッグに手描きで花や生き物をあしらったり、
古典柄と洋画ぽいものを合わせたりしていたんだとか。

もっと手軽に買ってもらえて、使いやすいものに父の技術を使えないか。
そして、手描きの高い技術、お父さまのデザイン力の価値も広めたい。
古典柄を知り尽くした上で、洋画やファッションの持つモダンな図柄と相性よく組み合わせられるのは、
友禅職人のお父さまにしかできないこと。
そして、日常使いのアイテムに、京都の伝統を取り入れてほしい。
という思いがあるそうです。

『カフェギャラリーときじく』のお問い合わせ先は、
電話:075-748-1506
HP:http://tokijiku-kyoto.com/

下京区・松原京極商店街の中、「西洞院松原バス停」すぐ近くにあります。

皆さんも、こだわりぬかれた古典柄を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?

Twitter

ま~ぶる!ラジオカーリポートについて

月~木曜日オンエアのま~ぶる!で紹介したラジオカーリポート内容を掲載しています。

リポーター

吉野 初香 (よしの もとか)

吉野初香

月・火曜日 担当

佐藤 由菜 (さとう ゆな)

佐藤由菜

水曜日 担当

西村 愛 (にしむら あい)

西村愛

木曜日 担当

ラジオカーリポートへのメッセージ

メッセージは各ま~ぶる!番組宛てにお送りください。皆さまからのメッセージをお待ちしております。