毎週金曜日 15:30~17:00 ON AIR  KBS京都ラジオ

平野智美のごきげんよう!

番組概要

一日の疲れを感じはじめる午後のひとときに、リラックス気分で楽しめる音楽とトークを贈ります。滋賀情報も存分に盛り込んで、豊かな自然と文化に囲まれた地域の魅力がキラリと光ります。また、パーソナリティーならではのゆったり流れるようなお喋りも、心地よい昼下がりを演出します。

ののすておりがみって知っていますか?

6月22日

今日のさざなみサロンのコーナーは・・・
「ののすておりがみ」についてお話を伺いました。

ののすておりがみ屋の関りんさんに
スタジオにお越しいただきました。

gokigen_20180622-42b7d0eef2bbbbbd49c4d835d9219e9aae7975ec.jpg


関さんは、
2014年、愛荘町の地域おこし協力隊に就任。

すでに廃業していた「野々捨商店」が
それまで製造していた近江上布の染めの型紙の
美しい柄に魅せられ、
この伝統や歴史を伝える型紙を
何か形を変えて残して伝えていけないだろうかと
「ののすておりがみ」を考案しました。

こちらが近江上布
gokigen_20180622-9ce9aeeaa081eb0903b85468f611fdb203c4cec2.jpg
上質な麻織物です。
愛荘町は、近江商人の活躍で「近江上布」が栄えた町だったのです。

このような近江上布の柄になっている型紙の模様を
ヨシ紙にプリントしているのが「ののすておりがみ」

関さんが考案した「ののすておりがみ」や
ののすておりがみを使って作った作品を
見せていただきました。
gokigen_20180622-2928d0f4da5dff3f376b5259cb74e8443c361fa1.jpg

gokigen_20180622-d9409aecb149963716aff9fd2032d298cae10e61.jpg

モダンな柄ですよね~
幾何学模様みたいのもありますし、
現代アートっぽいおしゃれな柄ですね。
組み合わせを楽しみながら作れます。

独特な模様に人気があつまり、
折り紙を販売するだけでなく、
折り紙を使って小物をつくるワークショップなども
各地で開催し、
多くの方に愛荘町の伝統文化を伝える活動を
してこられました。

地域おこし協力隊を卒業後も
その活動をさらに広げようと
昨年、カルチャーコミンカ「おうち」に
「ののすておりがみ屋」を開きました。

ののすておりがみ教室も開催していますし、
これからも定期的なワークショップも開催予定。

gokigen_20180622-8fc59accbfb6567f80df00a6d351c9f9d2e6fa4b.jpg

関さんのイヤリングもそうなんですね。
ほかにも扇子も素敵です。
新商品の「ののすてレターセット」もあるそうですよ。


ますます活動の場を広げていく関さん。


消えてしまうかもしれなかった愛荘町の伝統文化工芸を
このように新しく取り入れて発信して、
つないでくれる若者の活動が
キラキラしていて、とても頼もしいですね。

ありがとうございました~