毎週金曜日 15:30~17:00 ON AIR  KBS京都ラジオ

平野智美のごきげんよう!

番組概要

一日の疲れを感じはじめる午後のひとときに、リラックス気分で楽しめる音楽とトークを贈ります。滋賀情報も存分に盛り込んで、豊かな自然と文化に囲まれた地域の魅力がキラリと光ります。また、パーソナリティーならではのゆったり流れるようなお喋りも、心地よい昼下がりを演出します。

近江美味しもの ~タンポポ~

6月15日

近江美味しもののコーナー

郷土の料理や素材を研究し、
近江の料理を伝承していく活動をされています
滋賀の食事文化研究会の皆さんに
美味しい料理のレシピや素材についてお聞きしています。

今日はスタジオに
滋賀の食事文化研究会の岡田明彦さんにお越しいただき、
「タンポポ」のお話を伺いました。

gokigen_20180615-957bc0f66aa4bb5146bd31f0c323a7985640b7bf.jpg

道端に咲いてるタンポポですが、
あまりにも身近すぎて・・・・
じっくり観察することもなかったです。

薬草としても価値があって、
優秀な食材になるそうです。 

キク科の植物のタンポポは、
日本では約20種類もあるらしいのですが
どれも食べられるとは、、、びっくりです!

近畿地方で見られるタンポポは、
黄色い花のカンサイタンポポと
白い花のシロバナタンポポ
gokigen_20180615-7b78057733f9026ca96e3ebbb8907af8d82a3b94.jpg

gokigen_20180615-c013e422d60c58192130b0faec489f82754d419f.jpg

そして、もう1種類  セイヨウタンポポです。
gokigen_20180615-3e1a6e9604445723992f996389ccd6c4fed65e77.jpg
このセイヨウタンポポが一番よくみられるタンポポです。

特徴は。。。
花を覆っている小さな葉っぱ(総包)が反り返っているので
よくわかります。
上の写真でも、よくわかりますね。

このタンポポをどうやって料理するのかを教えていただきました。

花、茎、葉は・・・薄く衣をつけて天ぷらに。
若い葉っぱは・・・湯がいておひたしや白和えやサラダにも。

花びらを汁ものに浮かべても美味しくいただけるそうです。

長い根は・・・キンピラに。
きざんで乾燥させたら
ノンカフェインのタンポポコーヒーとしても楽しめます。

野草なので、新鮮なうちに調理するのがおすすめです。

皆さんも身近なタンポポを食べて見られてはいかがでしょうか。