このエントリーをはてなブックマークに追加

「の」と「は」の微妙な位置づけ

キケミヤリスナーの皆様、こんにちは。
今日から2月ですね!キケミヤも早いもので、5ヶ月目に突入しました。
はやっ!!

人の本音って、ポロっと出るものですよね。
この間、劇場に我々の出番を観に来てくれた友達と話していました。
みんなでトークをするイベントだったんですが、感想を聞くと、
「あのほら!皆川の!あの話!2個目の!あれは面白かったわ!」と言われました。

何気なく言ってましたが、この「あれは面白かった」の
「は」が強烈に気になってしまいました。

この「は」はどういう意味や??
「ほかの話も面白かったけど、特にその話『は』面白かった!」なのか、
「他の話は面白かったけど、その話『は』面白かった!」なのか。

是非前者であって欲しいなぁ~。
後者なら、本音がこの1文字にポロっと出ちゃったのかなぁ~?

そして、先日のキケミヤのオンエア前。
はじりがまだ来ていないときに、
向井さんとディレクターさんと3人で話しているとき。
僕が冗談で、
「今日は早口のコーナーも即興漫才も、お供してくださいのコーナーも、
全部はじりに任せてみましょうか!」と言うと、
向井さんが間髪入れずに「ばんぐみがせいりつしませんよ。」と。

「はじりさんにその辺任したら大変なことになるんじゃないですか?」
という本音がポロっと、いや、しっかりと確実に、
この14文字に出てしまいましたね〜!