このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑いの品位

はんなリスナーの皆様、こんにちは。
自分でラジオ番組を担当させて頂いていますが、
他の芸人さんのラジオも良く聴いています。

先日、トータルテンボスさんのラジオを聴いていました。
トータルさんは、我々にコンビ名を付けてくださった、
まさに直属と言っても過言ではない先輩です。

芸人になる前の我々が、
トータルテンボスさんの単独ライブを一緒に観に行きました。
終わりの握手会で、
「僕たちよしもと入ろうと思ってるんですけど、
何かコンビ名つけてください!」と申し上げたところ、
僕のTシャツに書かれた「NAVY」という文字を見て、
「ネイビーズでいいじゃん!」と
藤田さんが言ってくださいました。
そこに藤田さんのアフロを付けて、
ネイビーズアフロ誕生という訳です。

そんな経緯がある分、
お二人の言葉は人一倍グッとくる訳でして。
そのお二人がラジオで話されていたのが、
「チャンピオンの品位」の話。

ザックリ言うと、笑いの神様がいて、
いつも芸人達を見ていると。
そしてその芸人には、
漫才の大会等で優勝する品位があるのか?

チャンピオンになった際には、
この世の中を良くしていける素質があるのか?
を判断していて、品位がなければ
どれだけネタが面白くても神様が
そのタイミングでは優勝させないという内容でした。

それを聴いて、
品位のある人間にならないといけないなと強く思いました。
普段の生活でも、チャンピオンになるべき
人間らしい行いをするべきなのだと。

これからはそうしていこう!と決意した矢先、
39度を超える熱が出ました。

神様は、
僕のことを焼き殺そうとしていたのかもしれません。