ニュース

京都サンガ 東京ヴェルディ相手に2点リードも、試合終了間際に追いつかれ勝利とならず!チョウ監督「少し守りに入るのが早かった」

2024年4月1日 18:00

3月29日、1週間ぶりにリーグ戦が再開され、京都サンガはアウェーで東京ヴェルディとの一戦にのぞみました。
頼れる2人のストライカーのゴールで理想的な試合展開になったのですが・・・

前半3分、サンガは宮本からトゥーリオとつなぎ、最後は抜け出した豊川が豪快にシュートを放ち、ゴールネットを揺らします。
先制点か!と思われましたが・・・VAR=ビデオアシスタントレフェリーの介入があり、映像を確認。
オフサイドの判定で得点は認められませんでした。
それでも前半22、自陣から宮本がロングボール入れると、豊川の胸トラップから右足で豪快にミドルシュート決め、先制点を奪います。
昨シーズン、チーム最多タイの10得点をたたき出した豊川の見事なシュートで、サンガが1対0とリードします。
さらに4分後、松田天馬が絶妙なスルーパス!
そのボールを原がきっちりと決め、追加点を奪います。
これが待ちに待った原の今シーズン初ゴール!
サンガが2対0とリードして前半を折り返します。
後半、一転して東京ヴェルディのペースとなりますが、サンガは懸命に耐え忍びます。
試合残り10分、福田がペナルティーエリアで相手を倒しPKを献上すると・・・
1点を返され、さらに後半アディショナルタイムに左サイドを崩され同点ゴールを許します。
ベンチに下がっていた原も、この表情。
サンガは、敵地で2点を先行しながら終了間際に追いつかれ、勝利をものにすることはできませんでした。

【声】京都サンガ チョウ監督
「自分たちが少し守りに入るのが早かった。
本当に理想的な展開で進んでいただけに、選手を責めるわけにはいかない。
自分の采配を含めて、次のガンバ戦に向けて、やれることはしっかりやる。
選手はしっかりやったと思います」

最新記事

    • ちびっ子イングリッシュコンテスト
    • 海と日本in京都
    • 自転車交通安全CMコンテスト
    • きょうと危機管理WEB
    • 違法だよ!あげるくん
    • KBS京都ONLE SHOP(BASE)