ニュース

憧れの地・宇治の名所案内などを展示 宇治市源氏物語ミュージアム

2024年2月11日 18:00

江戸時代に刊行された旅の案内図によって、全国の人たちから憧れの地とされた宇治市について、その名所案内などを展示した企画展がおこなわれています。宇治市の源氏物語ミュージアムで開かれている企画展では、源氏物語終盤の舞台となった宇治市の名所旧跡を案内する江戸時代前期の「京羽二重」など35点の資料が展示されています。名所旧跡と言えば、滋賀県の近江八景や中国・洞庭湖周辺の瀟湘八景が有名ですが、宇治では、名所が8カ所で収まり切らず宇治十二景となりました。観光名所、興聖寺や三室戸寺をはじめ、宇治は、江戸時代に流行した源氏物語の舞台、それに百人一首や人気の能の演目にも登場し、それを版木などで印刷し
全国の人の目に触れたことで、宇治は憧れの地になったということです。この企画展「名所図でめぐる宇治十二景」は、途中、展示替えもおこないながら、4月21日まで開かれています。

最新記事

    • ちびっ子イングリッシュコンテスト
    • 海と日本in京都
    • 自転車交通安全CMコンテスト
    • きょうと危機管理WEB
    • 違法だよ!あげるくん
    • KBS京都ONLE SHOP(BASE)