HOME » ニュース » ハンドボールのインターハイ京都府予選 洛北高校男女で優勝「全国は頂点へ!」

ニュース NEWS

ハンドボールのインターハイ京都府予選 洛北高校男女で優勝「全国は頂点へ!」

2022年6月22日 18:00

ハンドボールのインターハイ京都府予選決勝、女子は春の選抜大会で全国制覇した洛北高校が、大谷高校と対戦。
試合序盤から主導権を握ります。
チームを引っ張るのは、2年、中尾。
身長175cmの恵まれた体格で攻守に活躍を見せます。
タレント揃いの洛北ですが、高さだけではありません。
身長151cmと小柄ながら3年、烏藤が巧みな個人技で得点を積み上げます。
洛北が大谷を圧倒!
6大会連続29回目の優勝を飾りました。

【声】洛北高校 西村監督
「全国選抜大会で優勝できたのは不思議な勝利。
本当に力があるわけではないと改めて言い聞かせながら、もう一度、頂点に立てるように、頑張ります。」

男子決勝でも、洛北が強さを発揮します。
チームのエース、背番号8番、林がスーパープレーを連発。
食い下がる北嵯峨高校を突き放し、洛北が10大会連続22回目の優勝を果たし、全国大会への切符を手にしました。

【声】洛北高校 林航琉(3年)
「全国選抜大会はベスト16だったので、インターハイは優勝を狙い、頑張りたい。」

あと、一歩届かなかった「想い」

【声】女子準優勝 大谷高校 安田愛望キャプテン(3年)
「全員で全力を出し切れたので悔いはないが、最後はみんなで大泣きしました。」

【声】男子準優勝 北嵯峨高校 岸京佐キャプテン(3年)
「全員で楽しくプレーしようというスタイルでやってきた。
最後、みんな楽しかったと言っていたので、それは本当に良かった。」

最新ニュース