HOME » ニュース » 京都・北部中心に 14日にかけ大雪注意

ニュース NEWS

京都・北部中心に 14日にかけ大雪注意

2022年1月13日 12:00

京都府では14日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北部を中心に大雪になる見込みです。京都地方気象台によりますと近畿地方の上空に寒気が流れ込む影響により、京都府は14日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北部や南部の山地は大雪になる見込みだということです。14日の午後6時までに予想される24時間の雪の量はいずれも多い所で北部の山地が50センチ、平地が45センチとなっていて京都市内でも積雪が予想されています。また北部では13日の夜遅くにかけて海上を中心に雪を伴う非常に強い風が吹く見込みで、冬型の気圧配置が予想より強まった場合は暴風雪となる可能性があります。気象台は積雪や凍結、強風などによる交通の乱れや見通しの悪化に注意するよう呼びかけています。

最新ニュース