HOME » ニュース » 個性豊かなアート 京都・岡崎で障害者作品展

ニュース NEWS

個性豊かなアート 京都・岡崎で障害者作品展

2021年12月2日 12:00

障害のある人たちのアート作品を集めた展覧会が、1日から京都市左京区のみやこめっせ地下1階、日図デザイン博物館で始まりました。この展覧会「京都とっておきの芸術祭」は、京都府や京都市、それに社会福祉団体などでつくる実行委員会があすからの障害者週間に合わせて開いたもので、27回目となる今回は絵画や陶芸、それに写真など7部門への応募作品706点が展示されています。このうち絵画部門で京都府知事賞を受賞した京都市北区の後藤実さんは、海の中を泳ぐマッコウクジラを大胆な構図で力強く描いています。また、川柳の部で京都府知事賞を受賞した福知山市の今川義弘さんの作品「明日(あした)こそ マスク美人の 消えた街」は、コロナ禍でマスクが当たり前になっている世の中を風刺し、一日も早く正常に戻って欲しいという願いが込められています。作品展は今月5日まで開かれています。

最新ニュース