HOME » ニュース » 京都市の観光地 紅葉狩りにぎわう 先週比2割以上増加

ニュース NEWS

京都市の観光地 紅葉狩りにぎわう 先週比2割以上増加

2021年11月21日 18:00

紅葉が見ごろを迎え本格的な秋の観光シーズンとなる中、京都府内各地は多くの人でにぎわっています。周辺の山々が赤や黄色に紅葉した京都市右京区の嵐山には、秋の京都を楽しもうとツアー客や修学旅行生をはじめ多くの観光客が訪れました。飲食店や土産物店の前には長い列ができ、周辺の道路はバスや車で混雑し、駐車場には、満車を知らせる看板が立てられていました。また渡月橋付近では、警察官が臨時の交通整理に追われる姿が見られました。IT関連企業・アグープがまとめたデータによりますと、きのう土曜日の午後3時台の嵐山付近の人出は先週に比べて28.2%の増加、清水寺・高台寺付近は22.2%の増加、夜は清水寺のライトアップが始まったこともあり、午後9時台は152%と大幅に増加しています。嵐山商店街の細川政裕会長は「観光客が戻り感謝しかない。冬になったらまたコロナが爆発するのじゃないかという不安の中でも、こういった観光客の姿を見ると希望がもらえているなというのが現状だ」と話しました。

最新ニュース