HOME » ニュース » 恵比須神社 名刺感謝祭 6000枚以上焚き上げ

ニュース NEWS

恵比須神社 名刺感謝祭 6000枚以上焚き上げ

2021年9月26日 18:00

古くなった名刺に感謝しつつ焚き上げる名刺感謝祭が京都市東山区の恵美須神社で営まれました。商売繁盛で知られる恵美須神社の入口近くには、1978年国内の印刷業者によって日本で唯一の「名刺塚」が建てられ以降、毎年9月に名刺への感謝を込めて祭典が開かれています。今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して行われ、祭典には京都の印刷会社の関係者7人が出席しました。神職が祝詞を上げた後、やぐらには火がつけられ古くなった名刺や肩書が変わり使えなくなった名刺など6,000枚以上が次々と焚き上げられていきました。参拝者も焚き上げに参加し、小さな紙で名前や職業などを伝える重要な役割を担ってきた名刺に感謝していました。

最新ニュース