HOME » ニュース » 湯川秀樹博士の旧宅を京大に寄付 長谷工

ニュース NEWS

湯川秀樹博士の旧宅を京大に寄付 長谷工

2021年9月15日 18:00

日本人で初めてノーベル賞を受賞した物理学者、湯川秀樹博士が晩年を過ごした京都市内の旧宅が、母校の京都大学に寄付されました。これは15日開かれた記者会見で、京都大学の湊長博総長らが明らかにしたものです。湯川秀樹博士の旧宅は左京区下鴨にあり、1933年に建てられた延べ床面積およそ370平方メートルの木造住宅で、湯川博士は1957年から亡くなる1981年まで住み、この間多くの研究者や文化人が訪れ交流を深めました。親族が旧宅の売却を検討していることを知った京都大学が「湯川氏の遺志を継ぐ場にしたい」と購入や保存の手段を模索していたところ、湊総長と親交がある建築家の安藤忠雄さんを介してその趣旨に賛同したマンション建設大手・長谷工コーポレーションが旧宅を購入し、先月27日京都大学に寄付しました。旧宅は老朽化が進んでいるため、大規模な改築をすることにしていて、設計・デザインは安藤さんが、整備は長谷工コーポレーションがそれぞれ無償で行います。工事は来年中に完了する予定で、京都大学が今後、具体的な活用法を検討します。

最新ニュース