HOME » ニュース » スペイン・ポルトガル カヌー代表選手団 久美浜湾で事前合宿

ニュース NEWS

スペイン・ポルトガル カヌー代表選手団 久美浜湾で事前合宿

2021年7月21日 18:00

東京オリンピックの競技が本格的にはじまるなか、京丹後市の久美浜湾ではスペインとポルトガルのカヌー代表団の事前合宿が行われています。ホストタウンとなった京丹後市に19日スペイン代表選手団の6人が、21日にはポルトガル代表選手団の11人が到着しました。21日午前、久美浜湾のカヌー競技場を訪れた両選手団はさっそくカヌーに乗り込み水の感触を確かめながら練習を行いました。選手らは空港で抗原検査を受け全員陰性が確認されたということです。滞在期間中は毎日PCR検査が行われ、ホテルと練習場などの移動には専用のバスを使用し、外出が制限されるなど徹底した感染防止対策が講じられます。取材に対してポルトガルのコーチは、波も穏やかで気に入っている。このような環境を用意してもらって感謝している」と話し、スペインのコーチは難しい環境を皆で力を合わせて乗り越え意義のある大会にしたい」と意気込みました。両選手団は今月27日まで練習を行い、翌日、東京の選手村にむけて出発する予定です。

最新ニュース