HOME » ニュース » 富岡製糸場テーマに写真展

ニュース NEWS

富岡製糸場テーマに写真展

2021年7月20日 12:00

日本の近代化の礎となった群馬県の世界遺産・富岡製糸場をテーマにした写真展が京都市左京区のアンスティチュ・フランセ関西で開かれています。この写真展は京都を拠点に活動する写真家の田村尚子さんが明治時代の日本の近代化の息吹を感じてもらいたいと企画したもので、富岡製糸場をテーマにした映像や写真など100点を超える作品が展示されています。富岡製糸場は未だ未公開エリアが多く、操業時のまま残る錆や油が付いた機械や道具、工場で働く女性が愛でていた桜の木の写真など当時の様子を今に伝えています。訪れた人は自ら写真をめくって鑑賞するという展示方法に従い、興味深そうに見入っていました。写真展は来月7日まで開かれています。

最新ニュース