HOME » ニュース » 豊作祈る田植祭 伏見稲荷大社

ニュース NEWS

豊作祈る田植祭 伏見稲荷大社

2021年6月10日 18:00

京都市伏見区の伏見稲荷大社では10日、今年1年の豊作を祈る田植祭が行われました。伏見稲荷大社の田植祭は4月の水口播種祭でまかれ育てられた早苗を神田に植え、豊作を祈るものです。およそ100坪ある神田では、午後2時ごろ汗衫という平安装束を身にまとった神楽女が優雅に御田舞を舞う中、茜色のたすきに菅笠姿のおよそ20人の早乙女が20センチほどに育った苗をひとつひとつ丁寧に植えていました。訪れた参拝者も古式ゆかしく行われる田植えの様子を興味深そうに見守っていました。秋にはおよそ3俵の米が収穫され伏見稲荷大社の神前に朝夕供えられるということです。

最新ニュース