HOME » ニュース » 真宗大谷派の門首継承式

ニュース NEWS

真宗大谷派の門首継承式

2020年11月20日 18:00

真宗大谷派の門首継承式がきょう、下京区の東本願寺で開かれました。東本願寺の御影堂には、門徒らおよそ500人が集まり門首の交代を告げる「門首継承式」が厳かに開かれました。26代門首に7月就任した大谷暢裕氏は京都市生まれで、1歳のとき、南米へ布教のために父親とブラジルに渡りブラジル国籍を取得しました。式で大谷暢裕門首は、「世界中の人に南無阿弥陀仏を届け同朋の輪の広がりに尽くしていきたい」と語りました。また大谷暢顯前門首は門首を務めた24年間を振り返り、「心温まる支えにより門首としての務めを果たすことができた」と感謝を述べました。

最新ニュース