HOME » ニュース » 半年間の罪や厄払う「大祓式」伏見稲荷大社

ニュース NEWS

半年間の罪や厄払う「大祓式」伏見稲荷大社

2020年6月30日 18:00

20200630_180007_01637.jpg

20200630_180007_01646.jpg

20200630_180007_01691.jpg

半年間の罪や厄をはらう「大祓式」がきょう京都市伏見区の伏見稲荷大社で営まれました。伏見稲荷大社では新型コロナウイルスの収束を願って今月1日から境内に茅の輪を設置していてきょうは、半年間の罪や厄をはらう「大祓式」が営まれました。式が終わると、宮司らは拝殿前に設置された茅の輪を静かにくぐり新型コロナウイルスのいち早い収束などを願っていました。

最新ニュース