HOME » ニュース » 巨大な塔の基壇跡か 金閣寺無許可で工事 調査員が申し出

ニュース NEWS

巨大な塔の基壇跡か 金閣寺無許可で工事 調査員が申し出

2020年6月30日 18:00

世界遺産・金閣寺の庭園にある巨大な塔の基壇とされる場所に無許可で工事が行われたとして京都市埋蔵文化財研究所の調査員が文化庁に原状回復などの処分を求める申し出を行いました。申し出を行ったのは京都市埋蔵文化財研究所の調査員東洋一さんです。東さんや弁護士によりますと、京都市北区の世界遺産金閣寺の庭園には室町時代の将軍、足利義満が建立されたと伝わる「北山七重大塔」があったとされています。しかし、その塔の基壇と推定される場所に、文化庁長官の許可を得ずトイレの改築工事に伴う石垣を造ったり通路や広場などの設置工事を行ったということです。その上で、こうした行為は文化財保護法に違反しているとして文化庁に原状回復命令などの処分を求める申し出を行いました。金閣寺の担当者は、「何も聞いていいないのでコメントできない」としています。

最新ニュース