HOME » イベント・インフォメーション » 12/23 関西プラスチックごみゼロ シンポジウム

イベント・インフォメーション

12/23 関西プラスチックごみゼロ シンポジウム

※本イベントの案内は終了しました。

マイバッグやマイボトルはプラスチックごみ削減の第一歩。その先にある、脱プラスチックのライフスタイルを目指すなら、関西広域連合主催のオンラインシンポジウム、「関西プラスチックごみゼロシンポジウム」に参加してみませんか?明日から始められる、脱プラスチックの事例発表や、パネルディスカッションなど貴重な情報が満載です。

当日の配信は関西広域連合のサイトでご覧いただけます。

※「関西プラスチックごみゼロ シンポジウム」の配信とアンケート受付は終了しました。

浅利美鈴
浅利美鈴さん (京都大学大学院地球環境学堂 准教授)
森谷威夫
森谷威夫 (KBS京都アナウンサー)

実施要項

イベント名
関西プラスチックごみゼロ シンポジウム ~プラスチックごみ削減に向けたライフスタイルの変革と社会デザイン~
開催日時
2021年12月23日(木) 13:30~16:00
配信元
関西広域連合 YouTubeチャンネル(生配信)
コーディネーター
浅利美鈴 (京都大学大学院地球環境学堂 准教授)
司会
森谷威夫 (KBS京都アナウンサー)
主催
関西広域連合
イベントポスター 企業ロゴ

第1部:脱プラ ライフスタイルに向けた取り組み (事例発表)

  • 株式会社良品計画 (無印良品)
    プラスチックごみ削減の一環として、店内に給水機を設置することや、飲料全般のボトルを循環型資源であるアルミ素材に切り替える等、小売店舗としての取組について紹介。
  • 傘のシェアリングサービス アイカサ
    傘のシェアリングサービスを展開することで、ビニール傘の使い捨てを減らす事業について紹介。
  • 大津市企業局
    水道水の水源である琵琶湖を守るため「マイボトルを持ち歩くライフスタイル」の活動を実施。「つくる」「のむ」「いれる」という3つの活動について紹介。
  • 関西広域連合 プラスチック対策検討会
    プラスチック代替品の開発支援・普及促進、プラスチックごみ散乱・流出抑制等に関する調査等、関西広域連合としての取組について紹介。

第2部:ライフスタイルの転換を促すために必要なこと

事例発表者と浅利美鈴准教授と学生によるパネルディスカッション

  • 京都大学大学院地球環境学堂 准教授 浅利 美鈴(コーディネーター)
  • 事例発表者4名
  • 京都大学エコ~るど京大 京都大学からSDGsを一つのキーワードに学内外様々な人を巻き込み、活動する学生メンバー

お問い合わせ先

KBS京都 滋賀支社 電話:077-522-8317(平日 10:00-17:00)