HOME » KBS京都からのお知らせ » 臨時休校期間中における学習系特別放送・動画配信等について

KBS京都からのお知らせ

臨時休校期間中における学習系特別放送・動画配信等について

「がんばれ!京都の子どもたち」のオンエアならびに配信は終了しました。

株式会社京都放送(以下KBS京都)では、京都市教育委員会及び株式会社京都新聞社(以下、「京都新聞」という。)とともに、全国でも例をみない、行政機関・新聞社と地元放送局の3者が一体となって「子どもの学びの機会の創出」を進める、「京都・学びプロジェクト」を共同企画し、令和2年4月10日(金)からの市立学校園での一斉臨時休校期間中の児童生徒の家庭学習を支援するコンテンツとして、KBS京都テレビでの「特別番組の放送」(計30回)と京都新聞による「子ども向け新聞『ジュニアタイムズ』の特別版の発行」(計3回)を行います。(詳細下記参照)

【4月22日 追記】このプロジェクトの主旨にご賛同いただき、エンディングテーマに高嶋ちさ子さん演奏の「負けないで」を使用させていただくことになりました。高嶋さん率いるメンバーが「負けないで!」という気持ちをこめて演奏されたこの曲で休校中の子どもたちにエールを送りたいと思います。楽曲については下記サイト(ページ下のリンク参照)で映像がご覧いただけます。

【4月28日 追記】28日(火)公開予定の動画配信については権利処理の都合上、4月30日に延期します。また、視聴いただけるのはID/パスワードをお持ちの児童生徒が対象となります。

がんばれ!京都の子どもたち

【1】特別番組「がんばれ!京都の子どもたち」の放送 (KBS京都テレビ)

(1)対象学年
小学校4年生~中学校3年生
(2)対象教科
国語、社会、算数(数学)、理科、外国語(英語)、音楽、図画工作(美術)、保健体育、技術、家庭、道徳
  • 京都市の各教科の指導主事(総合教育センター指導室)が学習内容等を解説。
  • 各学年の各教科で、4月に学習予定であった1~2単元分(各教科ごとに概ね10時間程度相当の学習内容)や休業期間中の家庭での過ごし方に生かせる内容。(それぞれ15~30分で放送)
(3)放送日・回数
4月20日(月)~4月30日(木)の平日
30分枠×30回 ※一部25分枠あり
(4)動画配信について
【4月28日 修正】4月30日(木)より順次公開させていただきます。視聴いただけるのはID/パスワードをお持ちの児童生徒が対象となります。

【2】子ども向け新聞「ジュニアタイムズ」の特別版の発行 (京都新聞)

(1)発行回数
全3回 (4月19日、26日、5月3日の各日曜日)
  • 「ジュニアタイムズ」は毎日曜日に発行されており、その内4月19日、26日、5月3日版の4頁程度を活用して「特別版」として発行。
(2)配布部数
市立小・中・小中・総合支援学校(小4~中3)の全児童生徒 各回約6万部
  • 学校を通じて、各家庭に配布。(発行日の翌日には、「ジュニアタイムズ」の電子版を教育委員会及び各学校HPでも公開。
(3)紙面内容 (予定)
・新型コロナウイルスの感染防止に向けた注意点や臨時休業期間中の過ごし方
・KBS京都テレビの特別番組内容のポイントとなる事項の紹介・解説
・家庭で親子一緒にできる運動の紹介
(4)京都新聞ホームページ
京都新聞ホームページ内の「ジュニアタイムズ」特設ページにおいて、上記の特別版内容及び子どもたちの学び、心のサポートに寄与するコンテンツを紹介。