HOME » イベント・インフォメーション » 8/23 海と日本プロジェクト「海のお仕事図鑑」

イベント・インフォメーション

8/23 海と日本プロジェクト「海のお仕事図鑑」

※本イベントは終了しました。

子どもたちに海に関するお仕事を体験してもらう「海のお仕事図鑑」、体験するお仕事は、水質管理センター。私たちが普段の生活で使用して汚れた「水」は水質管理センターできれいな水に戻され、河川からやがて海へと流れていきます。

今回のイベントでは、海から遠い京都市でも海をキレイにするための活動が行われていることを知り、汚れた水がどのように水質管理センターできれいになっていくのかを学んでいただきます。

お仕事体験
子どもたちが水質管理センターでお仕事体験!
鳥羽水環境保全センター
今回のお仕事体験場所、鳥羽水環境保全センター
試験風景
試験風景 / 微生物(ボルティケラ)
パーソナリティー
竹内弘一

実施要項

イベント名
海と日本プロジェクト「海のお仕事図鑑」
日時
2018年8月23日(木) 9:00 - 12:00(予定)
*集合場所・時間は当選後にご案内します。
場所
京都市上下水道局 鳥羽水環境保全センター(京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1)
パーソナリティー
竹内弘一 アナウンサー
募集対象
ペア10組程度(小学校4・5・6年生と保護者)
参加料
無料
主催
海と日本プロジェクトin京都実行委員会、KBS京都
協力
京都市上下水道局

応募について

※応募受付は終了しました。

プログラム

水質管理センターでは、水環境保全センターに流入する下水から処理を終えた放流水までを調べ、下水処理が正しく行われているかを確かめています。水環境保全センター内を見学し、水質の測定や採水を行い、試験室にて顕微鏡で微生物をみたり、水質を調べたりします。

鳥羽水環境保全センター

昭和14年に運転を開始した京都市最大の下水処理施設であり、全国有数の処理能力を有し、下流域の水質保全に大きな役割を果たしています。他の水環境保全センターの汚泥も全てここで集約処理していて下水汚泥の有効活用を積極的に推進しています。

海と日本プロジェクト 概要

201706_umitonippon_logo.png

海と日本プロジェクトとは:さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、ときに心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもとオールジャパンで推進するプロジェクトです。

お問い合わせ

KBS京都 事業部 電話:075-431-7350(平日10:00-12:00 / 13:00-17:00)