HOME » 番組審議会 » 放送番組の種別の公表 » 放送番組の種別の基準

放送番組の種別の基準

1.放送番組の種別の基準

2021年4月現在

種 別種別の基準
報道社会にとって重要なあるいは関心のある時事的な出来事や動きを報じる番組。
教育知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組であって、学校教育または社会教育に資することを意図した番組。
教養知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組。ただし、教育に属するものを除く。
娯楽スポーツ、音楽を含め、生活を明るく、楽しく豊かにすることを意図した番組。
その他通信販売商品又はサービスの通信販売を目的とした番組。
その他上記のいずれにも属さないもの。

2.番組種別ごとの総放送時間およびCMの総放送時間

番組種別ごとの総放送時間
報道53時間15分
教育93時間18分
教養184時間12分
娯楽194時間20分
その他通信販売380時間53分
その他2時間12分
CM98時間41分10秒
調査該当週(PDF) 2020年10月19日(月)~25日(日)
2020年11月16日(月)~22日(日)
2020年12月21日(月)~27日(日)
2021年1月18日(月)~24日(日)
2021年2月15日(月)~21日(日)
2021年3月15日(月)~21日(日)