HOME » 番組審議会 » 9月番組審議委員会

番組審議会

9月番組審議委員会

開催日 令和3年9月13日(月)~9月27日(月) 期間中に意見集約
開催場所 文書により、委員から意見を提出していただく形での実施
出席者 審議委員9名

議題

ラジオ番組『ラジオで、つながる。』について合評

 9月例会は番組を視聴しての感想や意見を、各委員から文書で提出していただく形で実施しました。
 テレビ編成局、ラジオ編成制作局の両局長からはテレビ・ラジオ10月改編のポイントについて文書により、説明がありました。
 テレビ編成局長から「創立70周年キャンペーンと連動させ、疲弊した京都の経済・観光・文化などを支援してまいります。改めて京都の人々に信頼され、必要とされる放送局の姿を発信してまいりたいと考えております。京都五花街の舞妓さんらが出演する「舞妓シンデレラ」と、BS11、MXテレビと共同制作する「京都画報」の2番組については10月からレギュラー放送を開始します。「エキサイティングJ」では絶好調の京都サンガF.C.がJ1復帰をかけた終盤3試合を中継、また、無観客試合が続く高校サッカーやラグビーなどの京都府決勝を中継し、京都スポーツに声援を送ります。そして、好評な「味の大捜査線リターンズ」や「おいしい給食season2」を放送します。」との説明がありました。
 ラジオ編成制作局長からは、「引き続きワイド番組の強化に重点をおき、全体的には小幅な改編になっています。木曜夜にナイターオフの番組を2つ編成、一つは山下賢二さんの「26回のホら話」、もう一つは京都出身の吉本漫才コンビ・ネイビーズアフロの番組です。そして、70周年特別番組「Sonosaki70~夢は叶う」の継続。例年通り、「森脇健児のサタデーミーティング」や「サンガ中継」も編成します。アフターコロナも見据えて、さらに魅力的なコンテンツ作りに注力していきたいと考えております。」との説明がありました。
 番組の合評では、今月の合評対象番組であるラジオ番組『ラジオで、つながる。』について、各委員が意見を提出しました。
 制作担当者からは「2021年、KBS京都は開局70周年、α-STATIONは開局30周年、2局合わせて開局100周年を迎えます。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて直接人と人とが出会い交流することは大きく制限され、つながりは希薄化してきています。地元京都のラジオ局2局がタッグを組んで、元気の出るようなキャンペーン番組づくりに挑戦します。番組コンセプトは『ラジオで、つながる』。今、ラジオから伝えるべき、つながりたい・つなげたいものに絞り込んで発信します。」との説明がありました。
 委員からは「時勢にあったテーマだと思います。」「『つながり』が大切であるのはもちろんだとして、返す刀で『孤独』を否定しているかのような印象を与えてしまわぬよう、番組を制作していただきたい」「全体にはテンポの良い聴きやすい番組です。」「イントロダクションは、少し長く感じました。」「曲の選び方が、京都出身のアーティストの方々で面白かったです。」「お二人のMCが聞き取りやすく、またCM明けのゲスト紹介なども簡潔で、途中から聞かれた方もわかりやすいだろうなと感じました。」「地域ラジオ同士のつながりを持つこと自体は、とてもいいと思います。」「全体を通してこの70年間ラジオを通して両局はどう地域とつながっていたのかなと疑問を持ちました。」「ゲストをお迎えしていつも通りの情報を伝えたのでは、アニバーサリーと銘打って1時間企画番組を送る意味はあったのでしょうか。」「2局合わせて100周年のコラボはおもしろいと思います。」「『70周年と30周年を合わせて100周年』というのは、意味不明で理解できない。」「地域とつながるということであれば、古くから営業を続けられKBSの放送を長く親しんで来られた喫茶店などの方に出てもらってお話を聞くというようなことも加えてもらえたら良かった」「SNSはじめ、メディアが大きく進歩していく中で、ラジオを軸としていることこそ、地元局らしいと思う。」「京都は地域に根ざし、共に繋がりあいながら、継承していこうという人々がいるからこそ、文化や伝統が今も生き続けているように思います。京都にあるラジオ局として、そのような人々の姿を伝える使命があると思います。」などのご意見をいただきました。

(番組審議会事務局)

令和3年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(9月例会意見提出者)
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役相談役
平林 幸子 京都中央信用金庫 相談役
松本 和加子 京都市文化観光資源保護財団 専務理事
松田 規久子 京都新聞社 編集局文化部長
雨宮 章 京都府立府民ホール及び文化芸術会館 館長
寺脇研 京都芸術大学 理事
鈴鹿 可奈子 聖護院八ッ橋総本店 専務取締役
西山 祐子 一般社団法人 みんなの手 代表理事
森本 淳生 京都大学人文科学研究所 准教授

日時: 2021年10月12日 16:21