HOME » 番組審議会 » 2月番組審議委員会

番組審議会

2月番組審議委員会


開催日 文書により、委員から意見を提出していただく形での実施
意見提出委員 審議委員9名

議題

ラジオ番組『増田俊樹・古川慎のごりやく☆研究所』について合評

2月例会は緊急事態宣言が延長されたことを受けて、各委員から番組を視聴しての感想や意見を文書にして提出していただく形で実施しました。
番組の合評では、今月の合評対象番組であるラジオ番組『増田俊樹・古川慎のごりやく☆研究所』について、各委員が意見を提出しました。
制作担当者から「若者のラジオ離れを食い止め、無くてはならないメディアとして生き残るためにアニメ・ゲーム界で若者に人気なイケメン声優を起用し、新たに若者が良く触れるメディアと連動したサービスに取り組みました。声優たちは東京で活躍中ですので、毎回外注スタッフに委託して東京で番組を収録しています。「同種のものの中で一番好きな人、もの」という意味合いで広がる「推し活」という現象の高い熱量を借りることで、課題解決ができないかと今回の取り組みを始めました。若い女性に人気の声優をパーソナリティに起用することで地上波のAM・FM放送だけではなく、インターネットによるラジオ配信サービス・ラジコプレミアムを利用して全国にいる若い女性ファンがKBS京都ラジオを聴取する機会が増えました。また、アニメ・ゲーム・声優が好きな層に親和性のあるメディア「ニコニコチャンネル」で配信を行ない、リスナーと一緒に番組の世界観を楽しむ番組連動イベント企画も定期的に開催しました。そのほか、パーソナリティがパワースポットを巡る小旅行をする様子を番組化して映像コンテンツを販売、さらに番組関連グッズも販売しました。」との説明文が提出されました。
委員からは「パーソナリティの2人のやりとりが明るく、聞きやすい番組だったと思います。」「声が魅力的で、ラジオとして人選がとてもよいと思いました。」「今回視聴した番組は、今までで一番KBSの色がなく、京都の匂いもしないように感じました。」「制作テイストは東京そのもの」「KBS京都発の番組だということが全くわからない。」「外注スタッフに丸投げ状態になっていないかと懸念します。」「人気の声優の推しだけに頼りきっているように感じました。」「内容をもう少し充実させて一部のコアなファン以外の人が聴いても楽しめるような工夫をしていただけたらと思います。」「演出として、『陰の声』が入っていたが、効果的ではなく耳障りであった。」「開運系番組としては専門性に欠けていて、あくまで人気声優の番組であり、開運系の番組が好きな人には物足りないように思えました。」「全体的にフィクションなのかリアルな話なのか、はっきりしない印象でした。」「オープニングはかなり早口でもあり事実と自分のエピソードが混じり合っていて雑談を聞いたなとだけ思うコーナーでした。」「食レポが下手です」「全体を通して聞いて、声の感じに比べて知識や情報量の薄さ、言葉の言い間違いの多さがとても気になります。」「事前に番組スタッフがある程度下調べをしてデータをとっておく方が良い」「聞き流してしまい引っかかりが感じられず物足りなさを拭いきれなかった。」「『推し活』の取り組みやニコニコチャンネルやradikoなど、ネットを通じてエリアを超えたファンを広げるようとしているのは素晴らしい試みだと思います。」「インターネットとのコラボ企画は、リスナーの範囲を拡大する等、可能性は大きい。今後とも効果的な取組みを実施していかれるよう期待したい。」「『放送』が『情報』と親和を図るなら、もっとラジオ的な手法を脱皮していかなければならないのではないだろうか」「物を食べている時に、何もコメントが入らないのは、ラジオではあり得ない。媒体の特性を認識しなければならない。」「目に見えないラジオというメディアなのだということをもう少し意識して番組づくりをされた方が良いと思います。」「視聴者を獲得するためには、パーソナリティの知名度に胡座(あぐら)をかくのではなく、視聴者が番組後に『面白かった』『役に立った』『期待通りだった』『また聴きたい』と思えるコンテンツ作りが一番大事なことだと思います。」「ラジオで楽しみながら若い世代にきちんとした知識を身に着けてもらうことこそが、KBSなど伝統ある放送局の役割・使命ではないのかと思います。」などのご意見をいただきました。

(番組審議会事務局)

令和2年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(2月例会意見提出者)
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役相談役
平林 幸子 京都中央信用金庫 相談役
松本 和加子 京都市文化観光資源保護財団 専務理事
松田 規久子 京都新聞社 編集局文化部長
雨宮 章 京都府立府民ホール及び文化芸術会館 館長
寺脇研 京都芸術大学 理事
鈴鹿 可奈子 聖護院八ッ橋総本店 専務取締役
西山 祐子 一般社団法人 みんなの手 代表理事
森本 淳生 京都大学人文科学研究所 准教授

日時: 2021年3月12日 16:17