HOME » 番組審議会 » 6月番組審議委員会

番組審議会

6月番組審議委員会


開催日 令和元年6月24日(月)午後4時〜5時35分
出席者 審議委員7名

議題

第93期実績・役員体制及び取締役の担務等について

令和元年度番組審議会委員長の選出

テレビ番組『週末ライブ キモイリ!』について合評

例会ではまず第93期実績・役員体制及び取締役の担務等について細井俊介社長より報告がされました。また令和元年度の第1回審議会であることから委員長の選出を行い、委員の互選で若林委員が委員長に選出されました。
番組の合評では、今月の合評対象番組であるテレビ番組『週末ライブ キモイリ!』について各委員が意見を述べました。まず制作者から「この番組は4月から始まった新番組です。これまでKBS京都テレビでは情報系の生番組を平日午前中に放送してきたのですが、毎週土曜日の午前中の生放送というのは局内では初の試みだと思います。またこの時間帯は他局でも同様の情報生番組が放送されていますので、様々な意味合いでチャレンジングな番組だと捉えています。メインパーソナリティであるTKOの木本武宏さんは、全国的な知名度も好感度も高い方です。TKOとして新人の頃にKBSのラジオやテレビに出演していただいたご縁もあり、今回の起用となりました。内容的にはこれから始まる週末に家族そろって行きたくなるようなイベントや色んな情報を様々な切り口で紹介し、ファミリー層はもちろん、中高年層にも楽しんでいただけるような構成を意識しています。試行錯誤しながらの3か月でまだまだ不完全ですが、5年10年と長く続けられるよう、ご覧いただいた感想をお聞かせいただければ幸いです」との説明がありました。委員からは「吉田神社の大茶会を紹介されていましたが、コンセプト通り、リアルタイムで見たらその後に行きたくなる感じがして良かったです」「今まで色々KBSの番組を見てきた中で、なかなかよくできています。けたたましい他の情報番組より見たいと思いました」「土曜の午前中の生放送という事で爽やかな番組をイメージしていましたが、見終わってみると朝と言うより夕方向けの番組だと感じました」「木本さんがニュースを斬る"週刊ノックアウト"のコーナーはコメントもニュースの選び方も消化不良でした。全国のニュースを扱うより、京都に特化した方がいいと思います」「一般的に週末というのは心と身体をメンテナンスしたいので、意識的にハッピーニュースを伝えるなど、情報をどうデザインして伝えるのかが大事ではないでしょうか」「ジェフ・バーグランドさんが紹介していた外国の人からの座禅体験が人気という話題自体はとても面白かったです。ただし画面に出ている英訳が関西弁のテロップでされていたのが、茶化しているように感じられて気になりました」などの意見をいただきました。

その他の意見
テレビ番組『週末ライブ キモイリ!』について合評
  • 木本さんの喋りはテンポよく聞きやすかったです。
  • 全てのコーナーの中で「週刊ノックアウト」が一番不安定に感じました。
  • スマホ中継は面白いと思いましたが、技術的に難しいのではないかと感じました。
  • スタジオの芸奴さんが白塗りされていましたが、朝の番組の装いとしては重いと感じました。放送時間からすれば普通の和装でよいのではないでしょうか。
(番組審議会事務局)
令和元年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(6月例会出席者)
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役相談役
荒木 陽子 京都地方裁判所 民事調停委員
三田 真史 京都新聞社 編集局文化部長
雨宮 章 京都府立府民ホール及び文化芸術会館 館長
鈴鹿 可奈子 聖護院八ッ橋総本店 専務取締役
西山 祐子 一般社団法人 みんなの手 代表理事
森本 淳生 京都大学人文科学研究所 准教授

日時: 2019年7月 9日 15:33