HOME » 番組審議会 » 6月番組審議委員会

番組審議会

6月番組審議委員会


開催日 平成30年6月25日(月)午後4時〜5時15分
出席者 審議委員8名

議題

平成30年度番組審議会委員長の選出

ラジオ番組『平野智美のごきげんよう!』について合評

例会ではまず、平成30年度の第1回審議会であることから委員長の選出を行い、委員の互選で若林委員が委員長に選出されました。番組の合評では、制作者から「滋賀県彦根市にありますKBS京都滋賀放送局から毎週金曜日の午後、生放送でお送りしています。普段は2時間30分の生放送ですが、今回は6月1日に放送した内容を1時間ほどにまとめさせていただきました。この番組は昨年秋まで担当しておりました塩見祐子アナウンサーから平野智美アナウンサーに引き継いだもので、滋賀県の様々な情報を番組に盛り込む事を踏襲しながらも現在、小学生と保育園児を育てる母である平野アナの目線を大切に情報発信できる番組を目指しています。今後のよりよい番組作りのためにご意見をいただけましたら幸いです」との説明がありました。委員からは「ローカルや地域色を意識した落ち着いた番組として好印象を持ちました」「季節の花やほたるなど取り上げる話題も心地よく、さらりと楽しく聞き流せる番組だと感じました」「塩見アナから引き継がれたところという事で、手探りで試行錯誤されている段階という感じがしました」「話をする時に滋賀を地元とするのか、京都から見た滋賀なのか、立ち位置がぶれていると感じました」「フォーマット通りにまとまり過ぎな感じがするので、もっとパーソナリティの個性が出るよう自由に話した方がいいと思いました」などの意見をいただきました。

その他の意見
ラジオ番組『平野智美のごきげんよう!』について合評
  • 「近江の国観音めぐり」のコーナーは流暢なナレーションだと思う反面、こちらの心に入ってこないのが残念でした。実際に現地に足を運んでみるのは大事だと思います。
  • オープニングで鴨川の話題をされていましたが、滋賀の話題をされた方がしっくりくるのではないでしょうか。
  • 放送時間帯が金曜の午後という事は、平野アナと同じ立場の方が聞くのはなかなか難しいと思います。
(番組審議会事務局)
平成30年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(6月例会出席者)
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役相談役
平林 幸子 京都中央信用金庫 副理事長
荒木 陽子 京都地方裁判所 民事調停委員
三田 真史 京都新聞社 編集局文化部長
井嶋 博美 元京都府男女共同 参画センター 館長
寺脇 研 京都造形芸術大学 教授
西山 祐子 一般社団法人 みんなの手 代表理事
王寺 賢太 京都大学人文科学研究所 准教授

日時: 2018年11月27日 14:00