8月28日の京スポ☆
コメンテーターは早狩実紀さんでした♪

20140828_001.jpg

先週の青木愛さんに続いて、早狩さんも
久しぶりの登場。
お会いできてうれしかったです。
いい色に日焼けされていた早狩さん。
トレーニングの努力の勲章ですね。
みのりのアメリカ日記ビデオでは
ジムでもトレーニングを見せていただきました。
かなりハードな内容・・・
これを朝晩2時間ずつ、その間はというと...
外での走りこみなど、やはりそうやって体を作られてるんですね。


さてこの日は全日本学生ジムカーナの模様に合わせて
オープニングは早狩さんと車の運転風に登場。
私は大学時代、学生フォーミュラチームに所属していたので
とても興味深く、応援していました。

20140828_002.jpg

 

そしてこの日のスポッChuは海平リポートも2つ。

20140828_003.jpg

まずは、
京都外国語大学主催の「夏休み子どもスポーツ体験ウィーク」
約90人が参加。毎年大人気のイベントなんだそうです。
今年は英語を使ってスポーツを楽しむ企画に。
「パス」「シュート」から集合を意味する「ギャザー」
まっすぐ並んでの「ライン」など
みんなで楽しみながら学習♪
そしてサッカーを楽しみました。
私も一緒に。英語が苦手な私ですが
共通のサッカーを通して一緒に楽しむことができましたよ。

20140828_004.jpg

そしてもう1つ、
海の甲子園と言われる全国水産・海洋高校カッターレース大会
今年7月の大会で見事優勝したのは
京都海洋高校のカッター部のみなさんです。
艇長、艇指揮、そして12人の漕ぎ手。
14人でカッターと言われるボートで早さを競います。

そのチームワーク。
ぴたりと合うタイミング、角度に驚き、感動しました。
そして練習中とそうでないときのめりはり。
海に出る者としての厳しさ、覚悟、目標がしっかり表れているように
感じました。
艇指揮をつとめている大浦さんは唯一の女子部員。
カッター部の大好きなチームと話してくれました。
実際に漕ぐことはできないけれど自分の声で、リズムができて
ボートが進む。そこでの嬉しい、喜びの経験、
大好きなみんなに感謝していると。

20140828_005.jpg

さらにカッターは後ろ向きに進みます。
他のチームとの差はどれくらいなのか全くわからない競技。
でもそれを意識したりあせってしまうと
うまく進まないのだそうです。
だからこそ、ここでも意識せず、自分たちの漕ぎのために
大浦さんの作るリズムは非常に大切になってくるんですね。

キャプテンが目指したのもみんなで意見をだしあえるチーム作り。
1番のカッターの喜びは
試合前の緊張から全員で喜びをわかちあえるところと話してくれました。

なんて素敵な言葉。
11月の新人戦も期待しています。


20140828_006.jpg