KBS京都

海外ドラマ

海外ドラマE-メールはこちらから
ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ
ストーリー

あらすじ

「ターミネーター2」から「ターミネーター4」へ繋がる物語。舞台は2007年。息子ジョンを殺すために未来から送られてきたターミネーターを撃破し、平和な日常を手に入れたサラ・コナー。だが、サラとジョンに危機が迫っていた…。そんな2人を危機から救ったのは、未来から来た美少女型ターミネーターのキャメロン。彼女の任務は、サラとジョンの命を守ること。人類の未来を守る戦いが、今また始まろうとしている…。

第1話「序章/Pilot」

第1話1999年アメリカ。サイバーダイン社爆破および科学者マイルズ・ダイソン殺害の罪でFBIのエリソン捜査官から追われているサラ・コナーは、サラ・リースと名乗りネブラスカ州で暮らしていた。しかし恋人ディクソンからプロポーズを受けるとすぐにサラは、居場所を変える時機だとジョンに荷造りをさせる。 1999年9月6日、ニューメキシコ州に引っ越したジョンは、学校でかわいい同級生キャメロンと親しくなる。しかし教室に現れた代理教師クロマティが、いきなり脚から銃を取り出し発砲。彼は新たなるターミネーターだったのだ。絶体絶命のジョンを救ったのは、銃弾を受けたはずのキャメロンだった。

第2話「汝自身を知れ/Gnothi Seauton」

第2話キャメロンに導かれ2007年の未来にタイムスリップしたサラたちだが、まず必要なのがIDだ。ジョンはIDがなければ外出もできない。そこで昔の仲間エンリケに偽造IDを頼もうとすると、キャメロンが「もっといい職人がいる」と言う。未来のジョンが送り込んだ抵抗軍の戦士がこの世界にも数名いるというのだ。そこでサラとキャメロンは早速その仲間たちに会いに行く。

第3話「ターク/The Turk」

第3話サラは抵抗軍のアジトから回収した資料を元に、サイバーダイン社の関係者でスカイネットの開発に携わる人間を捜す。そして行き当たったのがアンディという青年だった。サラはアンディに接近し、様子を探る。彼は、現在は携帯電話のセールスマンで、脅威にはならないようにみえる。だが個人的趣味でチェスをするコンピューター“ターク”を開発していた。そのコンピューターが進化すれば、人間の手を借りずに自らを改良するマシンが生まれてしまうかもしれない。アンディを殺すべきかどうかサラは苦悩する。

第4話「ヘヴィメタル/Heavy Metal」

第4話キャメロンが、ターミネーター“クロマティ”がこの世界にタイムスリップしてきているという知らせを持ってくる。どうやらクロマティは、自分の体を修復するために、マシンの骨格を形成しているコルタンという物質を狙っているらしい。そこでサラたちは、コルタンが荷揚げされる港で待ち伏せることに。だが港に現れたのは、クロマティとは別のマシンだった。サラは危険を冒してまで別のマシンを相手にする必要はないと言って帰ろうとするが、ジョンは奴らの計画を食い止めるべきだと主張する。

第5話「チェス大会/Queen’s Gambit」

第5話アンディのコンピューター“ターク”は焼失したが、彼は2号機を作ってコンピューターのチェス大会に参加。サラは彼を殺すべきかどうか思案しつつ、試合を見守る。新たな肉体を得たクロマティはFBIのケスターと名乗り、サラたちを捜すため、サラの元婚約者で救命士のディクソンの家を訪れる。サラは不審な人物を追うが、警察が来てその男は連行される。ジョンがハッキングで警察のデータを調べたところ、その男の腕にはバーコードのタトゥーがあり、抵抗軍の戦士であることが判明する。

第6話「ダンジョン&ドラゴン/Dungeons&Dragons」

第6話未来の抵抗軍のアジト。スカイネット刑務所からジョン・コナーを逃がしたヒーロー、カイル・リースはサラ・コナーの写真をお守りにしていた。そんな弟を心配するデレク・リース。デレクたちはジョン・コナーの命令で、地上に敵の基地を捜しに行く。そこで巨大なジェットエンジンを運ぶターミネーターたちを目撃。その時、上空にハンター・キラーが現れ、カイルが攻撃を受ける。援護しようとしたデレクはターミネーターに捕まってしまう。

第7話「神の手/The Demon Hand」

第7話焼却処分にしたターミネーターの行方不明の左手部分を捜すために、キャメロンは発電所に侵入し、LAの町を停電にする。停電の混乱にまぎれてロス警察に侵入し、証拠保管庫を捜すが、証拠品はすでにFBIのエリソン捜査官の手に渡ったことが分かる。エリソンはサラが精神科に入院していた時のビデオを見て、当時の担当医シルバーマンに会うことに。一方、サラはエリソン宅に侵入し、彼がシルバーマンの元に向かっていることを知る。

第8話「チップの記憶/Vick’s Chip」

第8話ジョンがキャメロンが隠し持っていたターミネーター、ヴィックのチップを解析すると、ヴィックがバーバラという女性と結婚生活を送っていることがわかる。さらに森の中で女が殺された映像を見て、サラたちは死体を捜しに行くが、死体はバーバラではなく、ジェシカ・ペックのものであった。ジェシカは、バーバラのARTIE(自動リアルタイム交通情報交換システム)プロジェクトに反対するロビイスト。ARTIEはあらゆる交差点と市役所のデータセンターをつなぐ光ファイバー網で、今は試験段階だが、州全体に広がれば、人々は監視下に置かれることになる。タークがスカイネットの頭脳なら、アーティーはスカイネットの神経になる恐れがあった。

第9話「誕生日/What He Beheld」

第9話サラはサーキシアンという男からチェス・コンピュータのタークを買うべく、取引場所のネットカフェに行く。だがサーキシアンは現れず、家へ戻ると、サーキシアンと思われる男が待ち伏せていた。彼は値段を200万ドルにつり上げ、断ればジョンの身が危ないことを匂わせながら去っていく。

PAGE TOP ▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright © Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.