TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第144回 京の涼しげな夏の和菓子

 
画像
画像
画像

今回のいっぴんは「涼しげな夏の和菓子」。
京都の地下には豊富な地下水が蓄えられています。地下水が味の決め手と言われてきたのが京菓子の世界です。四条通り醒ヶ井の角に建つ亀屋良長。店の前には井戸があり、現在もその地下水を使って和菓子作りを行なっています。水を多く使う「葛まんじゅう」は地下水を使って作ることで、味が変わってくると言います。見た目は透明感に溢れ、口に入れると清い湧き水を味わうことができる逸品です。

京都の夏。水をテーマにした和菓子が店頭を飾ります。幸楽屋の店頭に並ぶのが「金魚鉢」。金魚がガラス鉢の中を泳ぐ様をお菓子にした人気商品です。夜店で金魚鉢を見たご主人は、これを何とか和菓子にできないかと試行錯誤を重ねたそうです。ようやく完成した金魚鉢は今や見て涼しい、食べて涼しい夏の創作菓子として人気の商品となっています。

京都の夏、食べ歩いて楽しい甘味のお店をご紹介します。1店舗目は六角高倉を東に入ったところにある大極殿本舗六角店。夏イチオシのメニューは「琥珀流し」。寒天ゼリーに季節ごとに代わる蜜が楽しい逸品です。2軒目は先斗町に建つ甘味喫茶「やまぎし」。こちらのオススメは「かも川」。鴨川の清流をところてんとつぶ餡で表現したあっさり涼しい夏の甘味です。最後のお店は下鴨の「茶寮宝泉」。本わらび粉を使ったこだわりのわらび餅を緑の陰が涼しい庭を眺めながら食べることができます。京都らしい涼しさの演出を和菓子の世界にみることができるのが、京都の夏。これも楽しみのひとつなのです。


■お店情報

亀屋良長
京都市下京区四条堀川東入
075-221-2005

幸楽屋
京都市北区鞍馬口通烏丸東入ル新御霊口町285-59
075-231-3416

大極殿 六角店 甘味処 栖園
京都市中京区六角通高倉東入ル南側
075-221-3311

抹茶庵やまぎし
京都市中京区先斗町三条下る
075-221-5298

茶寮宝泉
京都市左京区下鴨西高木町25
075-712-1270

すべてのいっぴん