TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第119回 優雅でおめでたい お正月の遊び

 
画像
画像
画像

今回のいっぴんは「正月の遊び」!
お正月にはお正月ならではの遊びがあります。例えば、双六やかるた、福笑いなどなど。そんな中でも京都には京都の遊びがあるんです。それが長い歴史を持つ「京こま」。宮中の占いの儀式で使われていたこま。京都では独自の発展を遂げ、雅な魅力をもつ「いっぴん」となりました。二条城の近くに店を構える「京こま匠 雀休」さん。京こまを作る唯一の工房です。京こまは着物のハギレを芯に巻きつけたのが始まりです。色とりどりの着物のハギレで作られた京こまはたいへん見た目に美しく、手で廻す優美な室内遊びとして流行ったそうです。現在の京こまは綿の糸を固めた紐を使って同じように芯に巻きつけて作ります。微妙なバランスを保ちながら、長く廻り続ける色鮮やかな京こまは見て楽しい、遊んで楽しいいっぴんです。

そして、この時期、京都の遊びと言えば「蹴鞠」です。毎年1月4日には下鴨神社で「蹴鞠はじめ」が行なわれ、平安時代の装束を身に着けた鞠人が独特の掛け声とともに鞠を蹴り上げる伝統行事です。巧みな足さばきで鞠が蹴り続けられると取り囲んだ観客から歓声が起こります。蹴鞠は今からおよそ1400年前に中国から伝わったと言われる球技です。勝ち負けがあるのではなく、長く蹴り続けることが求められるため、鞠を蹴る一同が一心同体になる蹴鞠は「和を尊ぶ」日本でたいへん縁起の良いものとして扱われてきました。
お正月の遊びには、実は一年間の無病息災や天下泰平など、庶民の願いが込められているんです。


■お店情報

現代手づくり玩具館
京都府宇治市炭山大西1-4
0774-32-4196

京こま匠雀休
京都市中京区神泉苑町1
075-811-2281

白峯神宮
京都市上京区今出川通り堀川東入飛鳥井町261番地
075-441-3810

すべてのいっぴん