TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第99回 食の原点 精進料理

 
画像
画像
画像

今回のいっぴんは「精進料理」。精進料理は肉や魚を使わずに作られた料理。これは仏教の戒律に基づき定められたことです。日本に仏教が伝来し、その教えは古代の人々の精神を支えるとともに、大きな影響を与えることになりました。仏教において守らなければならない5つの戒めの中の「生命あるものを害してはならない」「お酒を飲んではならない」、この2つが仏の道に入った者の食生活を大きく支配します。そうして生まれた「精進料理」は、単に肉や魚を避けるためだけではなく、「不殺生戒」の心を一歩進めて「口にするからには大切にするという心」、つまり食することで「生かしきる」という考え方に基づいています。

妙心寺塔頭の東林院では、そんな精進料理の心をたくさんの人々へ伝えようと、精進料理教室が開かれています。西川玄房住職のお話を聞きながら、精進料理のレシピを学びます。とても人気があり、リピーターも多くいると言います。地産地消、食育が注目される現在、改めて関心が高まっているのです。作った料理は「食事五観文」という「誓いと感謝、そして反省」の気持ちを表した文言を読み、その後頂きます。

最後にご紹介するのは大徳寺の近くにある「紫野和久傳大徳寺店」。こちらでは精進料理を基にした「典座(てんぞ)料理」を頂くことができます。典座とは修行僧のために食事を専門に作る役職の僧侶のこと。一皿一皿に込められた自然の恵みは、心の中から浄化していくような慈しみに溢れています。
精進料理…それは私たちに食の原点を教えてくれます。


■お店情報

東林院
京都市右京区花園妙心寺町59
075-463-1334

紫野和久傳大徳寺店
京都市北区紫野大徳寺南門東入ル
075-495-6161

すべてのいっぴん