TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第95回 鴨川源流の水を味わう 貴船・川床

 
画像
画像
画像

今回のいっぴん物語は「貴船・川床」!
鴨川、みなさんお馴染みの川ですが、鴨川の源流ってご存知ですか?鴨川を遡ると出町柳で高野川と賀茂川に別れ、その賀茂川を遡ると鞍馬や貴船、雲ケ畑といった京都の奥座敷から流れるいくつかの川にたどり着きます。そして、鞍馬川と貴船川が出合う貴船口。ここにあるのが古来より水の神様として崇拝を集めてきた貴船神社です。日照りの時は黒馬、長雨の時は白馬、または赤馬を奉納し、それぞれ降雨、晴天を祈願したと言います。また現在も7月7日には「水まつり」を行い、水の恩恵への感謝を動作で表す舞楽、そして食事に欠かせない水への感謝を表す式包丁などが奉納されます。

現在、貴船には20件以上もの旅館や料理屋があり、貴船川の上に床を出しています。京都の夏の風物詩のひとつです。ここ貴船で川床が始まったのは大正時代のこと。始めたのは「ふじや」の3代目ご主人、藤谷駒次郎さんでした。六尺ほどの床机を川の中に置いてみたことがきっかけだったそうです。こちらのお店ではこの川床で川魚にこだわった御料理をいただくことができます。先付けから最後の水物まで、清流と豊な山里の旬の食材が続きます。

そしてここ貴船の清流を器にしてしまうようないっぴん、それが川床で頂く「流しそうめん」!「ひろ文」では、清流を目の前にして、ひんやりつるつるのそうめんを頂くことできます。電機を使わずに涼しさを感じ、旬の食材を食べる。改めて大事なことを気づかせてくれます。


■お店情報

料理旅館ふじや
京都市左京区鞍馬貴船町 貴船神社鳥居前
075-741-2501

料理旅館ひろ文
京都市左京区鞍馬貴船町
075-741-2147

すべてのいっぴん