TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第87回 京都・舞鶴発祥 「肉じゃが」の生みの親にせまる!

 
画像
画像
画像

今回のいっぴんは「肉じゃが」!「えっ、肉じゃががいっぴん?」と思われた方、いらしゃいますよね。でも、実はれっきとした京のいっぴんなんですよ。

今やお袋の味の代表格となっている肉じゃが。その発祥は京都府北部にある港町、舞鶴市なんです。舞鶴市は日本海に面した天然の良港、舞鶴湾を望む町で、特に東舞鶴は軍港として発展してきました。そう、肉じゃがの発祥はこの日本海軍にあったのです。肉じゃがの生みの親、その人は東郷平八郎。日本海軍の司令官、後に元帥となった人物です。東郷さんは23歳からの7年間イギリスに留学していました。その留学先で食べたビーフシチューが大好物で、その味が忘れられず、日本に帰って京都に赴任した際、部下にビーフシチューを作らせました。しかし、食べたことの無い日本人シェフ、和風の調味料を使って試行錯誤の末に作りだしたのが肉じゃがだったというわけです。しかし、その味がたいへん好評になり、海軍のメニューに加えられ、現在はご存知のとおり、全国的なメニューとなりました。

そんな舞鶴自慢の肉じゃがで町おこしを行なうのが「まいづる肉じゃ祭実行委員会」の皆さん。全国各地のイベントに参加し、舞鶴の肉じゃがをPRしてきました。その成果あって、発祥の地を名乗る頼もしいライバルも出現するなど、全国へと活動が広がっています。

東郷さんのこだわりと、料理長の苦心から生まれ、地元の皆さんの熱意で有名になった舞鶴発祥の肉じゃが。これからも末永く愛される日本料理として受け継がれていくのでしょう。


■お店情報

まいづる肉じゃが祭実行委員会
http://www.nikujyaga.info/index.html

すべてのいっぴん