TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第7話 山と海の出逢いが産んだ京名物 いもぼう

 
画像
画像
画像

みなさん、「いもぼう」という京名物の料理を知ってますか?えびいもと棒ダラをいっしょに炊くから「いもぼう」。京都で生まれ育った年輩の人にとってはなつかしい味なんですなぁ。

えびいもは京の伝統野菜の一つ。里芋の一種でくっきりとしたしま模様と、ぐにゃりとした曲がり具合が縁起の良いえびにそっくりと言われています」。そして棒ダラは、北海道の近海でとれた鱈をかちんかちんになるまで天日干ししたもの。海が遠い京の都では大変重宝されてきた海産物です。

京都では昔から味のとりあわせが良いもの同士を「であいもん」と言ってきました。京の大地と北の海の恵みが出会い、先人の知恵がつくりあげた、最高のであいもんそれが「いもぼう」なんですな。

京名物の料理「いもぼう」の歴史はおよそ300年。14代に渡って伝統の味を守り続けてきたのがいもぼう平野家本家。江戸時代ここの初代当主、平野権太夫がえびいもを京ではじめて栽培し「いもぼう」を生み出したそうなんです。


■お店情報

いもぼう平野家本家
京都市東山区祇園円山公園内
075-525-0026

すべてのいっぴん